数百万台の Samsung の携帯電話をマンインザミドルでハイジャックする方法~タッチスクリーンキーボードの更新が、遠隔コード実行の脆弱性をもたらす(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

数百万台の Samsung の携帯電話をマンインザミドルでハイジャックする方法~タッチスクリーンキーボードの更新が、遠隔コード実行の脆弱性をもたらす(The Register)

「残念ながら、それはデバイスにサードパーティのアプリケーションをプレインストールするキャリアと OEM にとって典型的な話だ」と、NowSecure の研究者 Ryan Welton はブログに記した。

国際 TheRegister
Samsung のスマートフォンは乗っ取られ、マルウェアに感染させられ、カフェやホテルなどでは悪意ある Wi-Fi ホットスポットによって遠隔制御される可能性がある、とセキュリティ研究者たちが主張している。

NowSecure の研究者たちによれば、数百万台の携帯端末に「遠隔コード実行の脆弱性」があり、それはソフトウェアの設計上の欠陥であるという。一つの回避策としては、信用できない無線通信を使わないことが挙げられる。つまり、 VPN を利用して信用できるネットワークに接続すること。あるいは、単に別の携帯電話を利用することだ。

基本的には、Samsung Galaxy S6、S5、S4、S4 Mini にバンドルされているタッチスクリーンキーボードのアプリが、暗号化されていない HTTP 接続を使ったインターネットから新しいファイルの ZIP をダウンロードすることで、自身を自動的に更新する、と NowSecure は主張している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×