数百万台の Samsung の携帯電話をマンインザミドルでハイジャックする方法~タッチスクリーンキーボードの更新が、遠隔コード実行の脆弱性をもたらす(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

数百万台の Samsung の携帯電話をマンインザミドルでハイジャックする方法~タッチスクリーンキーボードの更新が、遠隔コード実行の脆弱性をもたらす(The Register)

国際 TheRegister

Samsung のスマートフォンは乗っ取られ、マルウェアに感染させられ、カフェやホテルなどでは悪意ある Wi-Fi ホットスポットによって遠隔制御される可能性がある、とセキュリティ研究者たちが主張している。

NowSecure の研究者たちによれば、数百万台の携帯端末に「遠隔コード実行の脆弱性」があり、それはソフトウェアの設計上の欠陥であるという。一つの回避策としては、信用できない無線通信を使わないことが挙げられる。つまり、 VPN を利用して信用できるネットワークに接続すること。あるいは、単に別の携帯電話を利用することだ。

基本的には、Samsung Galaxy S6、S5、S4、S4 Mini にバンドルされているタッチスクリーンキーボードのアプリが、暗号化されていない HTTP 接続を使ったインターネットから新しいファイルの ZIP をダウンロードすることで、自身を自動的に更新する、と NowSecure は主張している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×