Facebook、過去最高額のバグ報奨金 33,500 ドルを吐き出す~リモートコードの実行を許す脆弱性を発見したブラジル人、5 桁を獲得(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

Facebook、過去最高額のバグ報奨金 33,500 ドルを吐き出す~リモートコードの実行を許す脆弱性を発見したブラジル人、5 桁を獲得(The Register)

リモートコードの実行を許す脆弱性は、脆弱なウェブサイトを訪問するネット閲覧者たちにマルウェアを投じるタイプの攻撃に役立つものとなるだろう。それは非常に深刻なリスクであり、だからこそ Facebook のバグ報奨金プログラムで高額の支払いが行われた。

国際 TheRegister
Facebook の脆弱性――それを利用すると、Facebook ユーザーたちに対し、ドライブバイダウンロード形式のマルウェアによるエクスプロイトを撒き散らせる可能性があった――が発見された翌日、Facebook は過去最高額のバグ報奨金を授与した。

ブラジルのウェブセキュリティ研究者 Reginaldo Silva は、そのソーシャルネットワーク(Facebook)へ、XML 外部実体の脆弱性(Facebook のサーバ内にホストされた OpenID 認証を行う PHP ページにおける脆弱性)を知らせたことにより、33,500 ドル(編集部註:約 340 万円)を稼いだ。この欠陥は、Facebookの /etc/passwd を開示していた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×