【画像】メール攻撃に使用される日本語が洗練され、判断が困難に--上半期レポート(日本IBM) (1/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.22(火)

メール攻撃に使用される日本語が洗練され、判断が困難に--上半期レポート(日本IBM) 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

悪意あるファイルが添付された不正メールの検知数推移
悪意あるファイルが添付された不正メールの検知数推移

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. Black Hat参加者が感じる自組織の課題は「OSのパッチとアップデート」(Cylance)

    Black Hat参加者が感じる自組織の課題は「OSのパッチとアップデート」(Cylance)

  2. ランサムウェアは効果的として攻撃者が手口を先鋭化--四半期レポート(トレンドマイクロ)

    ランサムウェアは効果的として攻撃者が手口を先鋭化--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  3. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  4. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  5. 日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

  6. 重要インフラを狙うマルウェア「Daserf」、長期間標的組織に潜伏の可能性(ラック)

  7. 迷惑メールに悪用されたブランド、トップ3は「USPS」「Amazon」「FedEx」(エフセキュア)

  8. アプリケーションの情報漏洩の危険性について認知していない青少年は全体の33%に(総務省)

  9. データ漏えい時に発生したコストがグローバルで10%減少、米国などは増加(日本IBM)

  10. 2016年度の国内標的型攻撃対策支援サービス市場は前年比19.9%増の95億円(ITR)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×