【画像】不正プログラムか人間かの違いだけ、既存対策は標的型攻撃にも有効(CA Technologies) (1/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.20(水)

不正プログラムか人間かの違いだけ、既存対策は標的型攻撃にも有効(CA Technologies) 1枚目の写真・画像

研修・セミナー・カンファレンス

「標的型攻撃は、社内の重要情報を盗み出すのが、生身の人間かプログラムかの違いだけ」CA Technologies 斎藤俊介氏
「標的型攻撃は、社内の重要情報を盗み出すのが、生身の人間かプログラムかの違いだけ」CA Technologies 斎藤俊介氏

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 人工知能に半信半疑の方こそ来てほしい(Cylance Japan) [Security Days Fall 2017 インタビュー]

    人工知能に半信半疑の方こそ来てほしい(Cylance Japan) [Security Days Fall 2017 インタビュー]

  2. 巨大ボットネット解体 - 6年の捜査を支えた産学官協力体制

    巨大ボットネット解体 - 6年の捜査を支えた産学官協力体制

  3. FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

    FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

  4. 不審メール訓練マンネリ化打破2つの方法(S&J) [ Email Security Conference 2017インタビュー]

  5. 日本を狙ったBRONZE BUTLER、和魂洋才で挑む (SecureWorks Japan) [ Security Days 2017 インタビュー]

  6. ヤフーが作りあげたセキュリティ教育

  7. 3回目となる医療分野に特化したハッキングコンテストを開催(KDL)

  8. これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶

  9. Internet Week 2013 セキュリティセッション紹介 第1回「CSIRTの実例から学ぶ企業のセキュリティ対策の今」

  10. Active Directory がボットネットになる日

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×