ボーイングがCHAMPミサイル・マイクロ波攻撃でPCを攻撃〜通電不能にするもIT管理は無傷(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

ボーイングがCHAMPミサイル・マイクロ波攻撃でPCを攻撃〜通電不能にするもIT管理は無傷(The Register)

ボーイングは2009年、電子機器を容易に無力化可能な兵器を探求する、米軍の継続的な取り組みの一環としてCHAMP計画を発表した。

国際 TheRegister
ボーイングが、建物自体を傷つけることなく、エネルギービームで建物内の電子機器を吹っ飛ばすことのできるミサイルのテストに成功した。EMP兵器の時代が到来したようだ。

Counter-electronics High-powered Advanced Missile Project(CHAMP)は、強力なマイクロ波パルスを使用して電気システムを使用不能にする空中発射装置だ。10月16日、Utah Test and Training Rangeでミサイルのテストが行われ、二階建ての建物内の電気システムを不能にすることに成功した…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×