ボーイングがCHAMPミサイル・マイクロ波攻撃でPCを攻撃〜通電不能にするもIT管理は無傷(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

ボーイングがCHAMPミサイル・マイクロ波攻撃でPCを攻撃〜通電不能にするもIT管理は無傷(The Register)

ボーイングは2009年、電子機器を容易に無力化可能な兵器を探求する、米軍の継続的な取り組みの一環としてCHAMP計画を発表した。

国際 TheRegister
ボーイングが、建物自体を傷つけることなく、エネルギービームで建物内の電子機器を吹っ飛ばすことのできるミサイルのテストに成功した。EMP兵器の時代が到来したようだ。

Counter-electronics High-powered Advanced Missile Project(CHAMP)は、強力なマイクロ波パルスを使用して電気システムを使用不能にする空中発射装置だ。10月16日、Utah Test and Training Rangeでミサイルのテストが行われ、二階建ての建物内の電気システムを不能にすることに成功した…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×