新型コロナウイルス( COVID-19 )とサイバーセキュリティ | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

新型コロナウイルス( COVID-19 )とサイバーセキュリティ

remote

 新型コロナウイルス( COVID-19 )の感染拡大に伴って、経済や社会にさまざまな影響が波及しています。特集「新型コロナウイルス( COVID-19 )とセキュリティ対策」では、サイバーセキュリティと情報セキュリティの観点から事業インパクトとその最小化を考えます。

新型コロナウイルスに便乗したサイバー攻撃と犯罪動向
コロナウイルスの発生以降、7割が「セキュリティ脅威や攻撃が増加」(チェック・ポイント)
コロナ関連のオンライン詐欺が多数登場、8つの手法を紹介(EMCジャパン)
「助成金とマスクを送る」新型コロナウイルスに乗じた犯罪に注意(金融庁)

新型コロナウイルスに派生した情報漏えい事故
新型コロナウイルス感染症による入学式中止メールを誤送信、805名のアドレスが流出(創価大学)
新型コロナウイルスによるイベント中止を誤送信、131名のアドレス流出(日本財団)
新型コロナウイルスによるイベント中止を誤送信、送信中気づくも手遅れ(台東区)
新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

ピックアップニュースCLOSE▲

SaaS型情報セキュリティソフトウェアが高成長率、IDC市場予測 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

SaaS型情報セキュリティソフトウェアが高成長率、IDC市場予測

 IDC Japan株式会社は2月9日、最新の国内情報セキュリティソフトウェア市場予測を発表した。

テレワークの課題 悩み「押印や原本が必要な書類の対応」「客先から届く郵便物の対応」~月刊総務 調査 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

テレワークの課題 悩み「押印や原本が必要な書類の対応」「客先から届く郵便物の対応」~月刊総務 調査

 株式会社月刊総務は1月27日、全国の総務担当者を対象にBCPとテレワークに関する調査を実施した結果を公表した。

ゼロトラストネットワーク知らない53%、「コロナ禍におけるグループウェアとセキュリティサービスの利用実態調査」発表 画像
調査・レポート・白書 高橋 潤哉

ゼロトラストネットワーク知らない53%、「コロナ禍におけるグループウェアとセキュリティサービスの利用実態調査」発表

 アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は1月26日、「コロナ禍におけるグループウェアとセキュリティサービスの利用実態調査」の結果を発表した。

IDC、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内IT市場予測をアップデート 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

IDC、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内IT市場予測をアップデート

 IDC Japan 株式会社は1月7日、2021年9月末時点の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響を考慮した国内IT市場予測のアップデートを発表した。

英でワクチンパスポートアプリ登録用のニセ情報を内部関係者が販売、三名逮捕 画像
国際 The Register

英でワクチンパスポートアプリ登録用のニセ情報を内部関係者が販売、三名逮捕

 英国の警察は、NHS(国民保険サービス)データベースへのアクセス権を持つ者たちが、NHS ワクチンパスポートアプリに登録するための偽のワクチン接種状況情報を販売したとされる事件を受け、過去数ヶ月の間に相次いで容疑者を逮捕した。

日本の経営者の2割「セキュリティトレーニング費用1,100万円超」と回答 画像
調査・レポート・白書 高橋 潤哉

日本の経営者の2割「セキュリティトレーニング費用1,100万円超」と回答

SecureAge Technology株式会社は10月20日、「2021年セキュアエイジ コロナ禍のサイバーセキュリティに関する調査」の結果を公表した。

茨城県職員を騙る新型コロナウイルス関係の「なりすましメール」に注意を呼びかけ 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

茨城県職員を騙る新型コロナウイルス関係の「なりすましメール」に注意を呼びかけ

茨城県は9月22日、同県職員を装った「なりすましメール」への注意喚起を発表した。

コロナ禍なのにあえてドイツに行ってみた <計画編> 画像
特集 中尾 真二( Shinji Nakao )

コロナ禍なのにあえてドイツに行ってみた <計画編>

ことの発端は、ひょっとすると秋ごろには海外取材が再開できるのでは? と思ったことだ。

総務省、医療機関の安全な電波利用の手引き改定~新たな電波利用動向を反映 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

総務省、医療機関の安全な電波利用の手引き改定~新たな電波利用動向を反映

総務省は7月30日、「医療機関において安心・安全に電波を利用するための手引き(改定版)」等の公表について発表した。

半数の企業が自社データの4割をクラウドに保管、タレス調査 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

半数の企業が自社データの4割をクラウドに保管、タレス調査

タレスDIS CPLジャパン株式会社は6月22日「2021年タレス・グローバル・データ脅威レポート」の調査結果を発表した。

東証一部上場の人材派遣大手、全社員2万人に多要素認証導入 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

東証一部上場の人材派遣大手、全社員2万人に多要素認証導入

東証一部上場の大手技術系人材サービスであるテクノプロ・ホールディングス株式会社は、全社員2万人を対象に多要素認証を導入した。

北海道から九州まで ~ 全国 292 組織 テレワーク実施状況詳細 URL 一覧 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

北海道から九州まで ~ 全国 292 組織 テレワーク実施状況詳細 URL 一覧

経済産業省は5月19日、各企業・団体から5月18日までに回答のあったテレワーク等の実施状況について、取りまとめ公表した。

新型コロナワクチン接種にまつわる世界各国の詐欺事例を紹介 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

新型コロナワクチン接種にまつわる世界各国の詐欺事例を紹介

Whoscall株式会社は5月17日、世界のコロナワクチン詐欺の実態の事例についてレポートを発表した。

感染症の流行を追加、NISC「中央省庁における情報システム運用継続計画ガイドライン」改訂 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

感染症の流行を追加、NISC「中央省庁における情報システム運用継続計画ガイドライン」改訂

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は4月28日、「中央省庁における情報システム運用継続計画ガイドライン」の改定を発表した。

国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意

日本マイクロソフト株式会社は4月22日、国連がサイバーセキュリティ分野で責任ある国家の行動について合意したと同社ブログで発表した。

コロナから1年経っても28%が業務「混乱中」~レノボ調査 画像
調査・レポート・白書 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

コロナから1年経っても28%が業務「混乱中」~レノボ調査

レノボ・ジャパン合同会社は4月21日、日本の各企業のIT部門の業務内容や労働環境が、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けてどのように変化したか調査し、その結果を公表した。

東京都、オンライン活用の進展を踏まえ中小企業を対象にセキュリティ対策を支援 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

東京都、オンライン活用の進展を踏まえ中小企業を対象にセキュリティ対策を支援

東京都は4月16日、サイバーセキュリティ対策の支援対象企業の募集を発表した。

JIPDEC「企業IT利活用動向調査2021」速報発表、電子契約の利用が大きく拡大 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

JIPDEC「企業IT利活用動向調査2021」速報発表、電子契約の利用が大きく拡大

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は3月18日、「企業IT利活用動向調査2021」の一部結果を速報として発表した。

警察庁、「公共空間としての安全性確保」実現に向けてサイバーセキュリティ政策会議の報告書を公開 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

警察庁、「公共空間としての安全性確保」実現に向けてサイバーセキュリティ政策会議の報告書を公開

警察庁は3月8日、令和2年度サイバーセキュリティ政策会議の報告書等を公開した。

日本を標的としたサイバー攻撃、フィッシングやランサムウェアなど2020年の概況と2021年の予測を解説 画像
調査・レポート・白書 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

日本を標的としたサイバー攻撃、フィッシングやランサムウェアなど2020年の概況と2021年の予測を解説

株式会社テリロジーワークスは2月16日、「日本を標的としたサイバー攻撃:2020年の概観と2021年への予測」と題したホワイトペーパーを公開した。

財務管理業務においては 人間よりもロボットや AI を信頼する ~ オラクル調査 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

財務管理業務においては 人間よりもロボットや AI を信頼する ~ オラクル調査

日本オラクル株式会社は2月15日、米オラクル・コーポレーションとFarnoosh Torabi氏が実施した調査より、2020年は人々とお金の関係を変え、自身の財務管理において自分以上にロボット・AIを信頼する傾向が明らかになったと発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×