コロナ禍なのにあえてドイツに行ってみた <計画編> | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

コロナ禍なのにあえてドイツに行ってみた <計画編>

ことの発端は、ひょっとすると秋ごろには海外取材が再開できるのでは? と思ったことだ。

特集
コロナ禍なのにあえてドイツに行ってみた<計画編>
  • コロナ禍なのにあえてドイツに行ってみた<計画編>
  • 日本政府指定の陰性証明書書式
  • 日本のワクチン接種証明書とPCR検査陰性証明書(海外渡航用)
  • 航空券を手配すると、経由地や目的地政府の問診票(Questionaire)URLが送られてくる。それに答え、QRコードをもらう。イミグレーションやチェックインカウンターで提示を求められることがある
  • 飛行機で配布されるハイジーンキットの中身
  • ミュンヘン空港のPCRテストセンター
  • 検査結果の引換券
  • ミュンヘン空港のPCRセンターで発行される陰性証明だが、航空会社が日本政府が見本とするフォーマット(英語併記)でないと受け付けてくれない
《中尾 真二( Shinji Nakao )》

編集部おすすめの記事

特集

特集 アクセスランキング

  1. コロナ禍なのにあえてドイツに行ってみた <計画編>

    コロナ禍なのにあえてドイツに行ってみた <計画編>

  2. ハッカーが欲しいデータとは〜 狙われる換金力のあるデータ 〜(2)

    ハッカーが欲しいデータとは〜 狙われる換金力のあるデータ 〜(2)

  3. ドラマ「ブラッディ・マンデイ」ハッキングシーン製作秘話

    ドラマ「ブラッディ・マンデイ」ハッキングシーン製作秘話

  4. Scan Security Management:ダイジェスト Vol.046

  5. NETSCREEN−IDPによる正確な攻撃検知

  6. 2013年上半期 標的型サイバー攻撃の実態に迫る~侵入を前提とした対策への転換を(2)

  7. ソフトウェアプロテクションSentinelLM

  8. [インタビュー]商社が立ち上げたセキュリティラボ、マクニカ セキュリティ研究センターの設立目的

  9. 続発するボーイングのラップトップ盗難(2)国家安全の面でもきわめて重大な事件

  10. コンテンツフィルタリングとは(ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×