ゼロトラストネットワーク知らない53%、「コロナ禍におけるグループウェアとセキュリティサービスの利用実態調査」発表 | ScanNetSecurity
2024.04.15(月)

ゼロトラストネットワーク知らない53%、「コロナ禍におけるグループウェアとセキュリティサービスの利用実態調査」発表

 アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は1月26日、「コロナ禍におけるグループウェアとセキュリティサービスの利用実態調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は1月26日、「コロナ禍におけるグループウェアとセキュリティサービスの利用実態調査」の結果を発表した。

 同調査では2021年12月2日から3日にかけて、従業員数100名未満から5,000名以上の企業に勤めるシステム管理者815人を対象に、全15問のWebアンケートを実施し、企業における各種クラウドサービスの利用に求められる課題を明らかにした。

 同調査によると、76.4%の企業がMicrosoft 365を利用または利用を検討中だが、デバイス管理機能を利用しない企業は50.2%、SharePointを利用しない企業は60.1%となり、Microsoft 365の活用促進が課題と指摘している。

 「ゼロトラストネットワーク」という用語について、「内容について詳細まで理解している」「内容をおおむね理解している」と回答した人の合計は21.0%にとどまる一方、「知らない」と回答した人は53.6%となり、ユーザー企業での認知の低さが明らかとなった。

 SIEMサービスについて「利用している」「利用を検討している」の回答は17.3%で導入企業は少なかった。利用中のサービスへの不満としては、利用料が高いことが50%であった。

 今後利用したいITサービスは、SOC(セキュリティ監視)、EDR(エンドポイントの脅威検知)、SASE(ネットワーク・クラウドのセキュリティアーキテクチャ)が上位を占めた。

 情報システム担当者が把握しているリスクは、ランサムウェア・マルウェア感染が約56%と最多で、標的型攻撃による不正アクセスや脆弱性を狙った攻撃、内部不正による情報持ち出しも約40%の企業で重視されていた。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×