テレワークの課題 悩み「押印や原本が必要な書類の対応」「客先から届く郵便物の対応」~月刊総務 調査 | ScanNetSecurity
2024.05.28(火)

テレワークの課題 悩み「押印や原本が必要な書類の対応」「客先から届く郵便物の対応」~月刊総務 調査

 株式会社月刊総務は1月27日、全国の総務担当者を対象にBCPとテレワークに関する調査を実施した結果を公表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 株式会社月刊総務は1月27日、全国の総務担当者を対象にBCPとテレワークに関する調査を実施した結果を公表した。

 同調査は1月14日から1月21日に、「月刊総務」読者及び「月刊総務オンライン」メルマガ登録者を対象にWebアンケートを実施、176件の回答があった。

 同調査によると、8割以上がテレワークを実施していることが判明し、実施ルールは「全社的に実施(出社日が設定されていない)」が42.0%で最多となった。テレワーク実施企業に継続の意向を確認したところ、「テレワークと出社のハイブリッドにする」が48.2%で最多となった。

 テレワークの課題や悩みとしては、「客先から届く郵便物の対応」「押印や原本が必要な書類の対応」「業務実態の把握ができず、「仕事をしていないのではないか」と現場でいざこざが起こっていること」などが挙げられている。

 BCPの策定状況については、「策定済み」が51.1%で、2020年7月調査から12.2ポイント増加した。BCP策定済みの企業にどんなリスクに対してBCP対策をしているか確認したところ、「自然災害(地震、水害等)」が97.8%で最多となり、パンデミック(インフルエンザ、新型ウイルス等)は70.0%で前回調査から11.7ポイント増加した。

 新型コロナウイルス感染症拡大への対応で2020年2月以降に新たに策定・改定した対策があるか尋ねたところ、「テレワーク制度の整備」が実施企業51社中31社(60.8%)が2020年2月以降に新たに策定・改定したことが判明した。

 新型コロナウイルス感染症拡大に対し自社のBCP対策は十分機能したか尋ねたところ、「見直す必要性を感じたが、まだ対応できていない」が48.9%で最多となった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×