茨城県職員を騙る新型コロナウイルス関係の「なりすましメール」に注意を呼びかけ | ScanNetSecurity
2022.10.01(土)

茨城県職員を騙る新型コロナウイルス関係の「なりすましメール」に注意を呼びかけ

茨城県は9月22日、同県職員を装った「なりすましメール」への注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
 茨城県は9月22日、同県職員を装った「なりすましメール」への注意喚起を発表した。

 同県によると、「@pref.ibaraki.lg.jp」ドメインのメールを装い、新型コロナウイルス関係のメールを送信する「なりすましメール」が確認されているが、送信に用いられたメールアドレスは同県では現在、利用していない。

 確認されているメールは下記の通り。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×