茨城県職員を騙る新型コロナウイルス関係の「なりすましメール」に注意を呼びかけ | ScanNetSecurity
2021.10.16(土)

茨城県職員を騙る新型コロナウイルス関係の「なりすましメール」に注意を呼びかけ

茨城県は9月22日、同県職員を装った「なりすましメール」への注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
 茨城県は9月22日、同県職員を装った「なりすましメール」への注意喚起を発表した。

 同県によると、「@pref.ibaraki.lg.jp」ドメインのメールを装い、新型コロナウイルス関係のメールを送信する「なりすましメール」が確認されているが、送信に用いられたメールアドレスは同県では現在、利用していない。

 確認されているメールは下記の通り。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×