財務管理業務においては 人間よりもロボットや AI を信頼する ~ オラクル調査 | ScanNetSecurity
2021.03.02(火)

財務管理業務においては 人間よりもロボットや AI を信頼する ~ オラクル調査

日本オラクル株式会社は2月15日、米オラクル・コーポレーションとFarnoosh Torabi氏が実施した調査より、2020年は人々とお金の関係を変え、自身の財務管理において自分以上にロボット・AIを信頼する傾向が明らかになったと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
日本オラクル株式会社は2月15日、米オラクル・コーポレーションとFarnoosh Torabi氏が実施した調査より、2020年は人々とお金の関係を変え、自身の財務管理において自分以上にロボット・AIを信頼する傾向が明らかになったと発表した。

Farnoosh Torabi氏は個人金融のエキスパートで、本調査では2020年11月10日から12月8日にかけて、9,001人のグローバル14カ国からの回答者(米国、英国、ドイツ、オランダ、フランス、中国、インド、オーストラリア、ブラジル、日本、アラブ首長国連邦、シンガポール、メキシコ、サウジアラビア)を対象に、一般消費者や企業・団体の管理職のお金、財政、予算に対する態度や行動、金融業務や管理におけるAIやロボットの役割と期待についてSavanta, Inc.が調査を実施した。

同調査によると、パンデミック以前と比較して、企業・団体の管理職では、財務の不安とストレスは186%(日本は122%)、悲観的な考えは116%(日本は120%)増加、一般消費者では、財務状況に対する不安とストレスは100%(日本は71%)、悲観的な考えは70%(日本は27%)増加した。

同調査ではまた、一般消費者と企業・団体の管理職の67%(日本は91%)は、財務管理において人間以上にロボット・AIを信頼し、企業・団体の管理職の73%は、財務管理で自分以上にロボット・AIを信頼、77%は自社の財務部門以上にロボット・AIを信頼、企業・団体の管理職の89%はロボット・AIが業務を改善できると考えていることが明らかになった。

一般消費者においても53%は財務管理で自分以上にロボット・AIを信頼し、63%は個人金融アドバイザー以上にロボット・AIを信頼、一般消費者の66%は財務管理にロボット・AIが役立つと考えていることが判明した。

これらの調査結果から、コロナ禍によって生じた金融不安で、財務管理において何を信頼し、誰に支援を求めるのかに変化があり、財務の複雑さから切り抜ける方法として、人間以上にテクノロジーを信頼する一般消費者と企業・団体の管理職が増加したと言及している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×