日本を標的としたサイバー攻撃、フィッシングやランサムウェアなど2020年の概況と2021年の予測を解説 | ScanNetSecurity
2022.08.15(月)

日本を標的としたサイバー攻撃、フィッシングやランサムウェアなど2020年の概況と2021年の予測を解説

株式会社テリロジーワークスは2月16日、「日本を標的としたサイバー攻撃:2020年の概観と2021年への予測」と題したホワイトペーパーを公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社テリロジーワークスは2月16日、「日本を標的としたサイバー攻撃:2020年の概観と2021年への予測」と題したホワイトペーパーを公開した。

同資料によると、2020年はコロナ禍により多くの企業や個人がその「新しい生活様式」に順応しようと努力した一方、サイバー犯罪者はその状況を利用し、多くの利益を得るために悪意ある活動を行っていたとし、「COVID-19 関連のフィッシング、詐欺」「医療機関・研究機関等への脅威」「オリンピック関連」「重要社会インフラ企業への攻撃」「ランサムウェア」「マルウェア」の6つのカテゴリについて、同社アナリストチームが収集した脅威情報を基に分析、2020年の概況と2021年に予測される動きを解説している。

同資料では、日本並びに日本企業はAPTグループによって真っ先に狙われる標的ではなかったが、2020年はオリンピック・パラリンピックが開催予定だったこともあり、従来よりも様々なサイバー攻撃の標的になると予測されていたが、2021年に延期したことで攻撃者の準備期間が長くなり、APTグループやサイバー犯罪者をはじめとした、様々な脅威アクターによる攻撃に日本全体で備える必要性を説いている。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×