猛烈怪しい。正体不明の第三者に売却された Chrome 拡張機能(ユーザー数 200 万人) | ScanNetSecurity
2024.04.15(月)

猛烈怪しい。正体不明の第三者に売却された Chrome 拡張機能(ユーザー数 200 万人)

分析
 2020 年 11 月、The Great Suspender という Chrome 拡張機能がロクでもない可能性がある、とネチズンが警告を発した。Google はその懸念に気づき状況を検討した。

国際 TheRegister
分析
 2020 年 11 月、The Great Suspender という Chrome 拡張機能がロクでもない可能性がある、とネチズンが警告を発した。Google はその懸念に気づき状況を検討した。

 その後、このプロジェクトの正体不明のメンテナーが、GitHub の投稿で取り上げられていた不審な振る舞いを取り除いたうえで同拡張機能を更新していることを、The Register は把握している。そのバージョン 7.1.9 は現在(編集部註:2021年1月7日)、Chrome ウェブストアで入手でき、Google がこの問題は終了したとみなすほどにはおそらく安全だろう。

 しかし提起された懸念は真の解決を見ていない。この拡張機能のように「広範に使用されているプロジェクトが新しい所有者に移転された際にその信頼をどう移転するか」についてソフトウェアコミュニティは未だ答えを見つけていないからだ。
《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×