とんだ新年挨拶、証明書期限切れでCheck Point VPNの一部ユーザーが混乱 | ScanNetSecurity
2023.02.01(水)

とんだ新年挨拶、証明書期限切れでCheck Point VPNの一部ユーザーが混乱

Check Point社の一部顧客が頭の痛い正月を迎えたのは、二日酔いのせいだけではなかったようだ。パッチの適用が遅れたために、中にはシステムが操作不能のままとなったり修正が困難な状況が続いているケースもある。

国際 TheRegister
 Check Point社の一部顧客が頭の痛い正月を迎えたのは、二日酔いのせいだけではなかったようだ。パッチの適用が遅れたために、中にはシステムが操作不能のままとなったり修正が困難な状況が続いているケースもある。

 2021年1月1日、旧バージョンの「Check Point Remote Access VPN」クライアントと「Endpoint」サービスで使用されていた証明書が有効期限切れとなった。Check Point社ではさかのぼる2019年8月から修正プログラムを提供していた。にもかかわらず同社の顧客の一部は、この通知を見落としていたり、会社の方針でパッチを適用できなかったために、影響を受けたソフトウェアのユーザーがネットワークに接続できない状態に陥った。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×