国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意 | ScanNetSecurity
2021.05.09(日)

国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意

日本マイクロソフト株式会社は4月22日、国連がサイバーセキュリティ分野で責任ある国家の行動について合意したと同社ブログで発表した。

製品・サービス・業界動向
国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意
  • 国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意
日本マイクロソフト株式会社は4月22日、国連がサイバーセキュリティ分野で責任ある国家の行動について合意したと同社ブログで発表した。

同社によると、3月はじめに国連の193の全加盟国で開かれたサイバーセキュリティに関するオープンエンドワーキンググループ(OEWG)にて約2年間の審議を重ね、オンライン上で期待される責任ある国家の行動について合意し最終報告書を発行したという。

同社では合意時期について、Nobelium および Hafnium という2つの大規模な国家的攻撃や、COVID-19 のパンデミックの中で医療機関をターゲットとした攻撃が相次ぐ中、国連の取り組みや、広範囲に被害を及ぼす国家的な無差別攻撃に反対する結束力が高まることは励みになるとしている。

同社は今回の報告書の特に注目すべき点として次の3つを挙げている。

・この報告書により、サイバー空間における国際法と2015 年に自主的な基準として採択された責任ある行動規範の権威が高まり支持されるようになること

・この報告書で医療サービスや医療施設などのヘルスケアをサイバー攻撃から守る必要性を説いていること

・情報通信技術(ICT)のサプライチェーンを保護するよう各国に呼びかけていること

同社は最後に、共有サイバー空間を保護するにあたって必要となる次のステップをサポートしたいと表明している。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. プルーフポイント、アウェアネストレーニングの日本語β版提供開始

    プルーフポイント、アウェアネストレーニングの日本語β版提供開始

  2. 「日本のハッカーが活躍できる社会」を目指し設立(日本ハッカー協会)

    「日本のハッカーが活躍できる社会」を目指し設立(日本ハッカー協会)

  3. コールセンターの通話内容から顧客行動の分析予測(ナイスジャパン)

    コールセンターの通話内容から顧客行動の分析予測(ナイスジャパン)

  4. 国土交通省の新セキュリティ規格に準拠、ETC決済情報を安全に保護(パイオニア)

  5. ローカル5GのIoTネットワークでトレンドマイクロと共同実証実験(日本通信)

  6. RSA SecurID認証トークンのソフトウェア版最新バージョンの出荷を開始(RSAセキュリティ)

  7. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  8. 疑問その2「根強いクラウド不信も払拭、これが奴らのスニーカーネットだ」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

  9. 大事な情報が AWS 設定ミスで公開されていませんか? SHIFT SECURITY 中村丈洋 執行役員に聞くクラウドセキュリティの取り組み方

  10. 都内コンビニで盗難キャッシュカードを使用した被疑者画像を Twitter で公開(警視庁)

アクセスランキングをもっと見る

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×