国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意 | ScanNetSecurity
2023.09.25(月)

国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意

日本マイクロソフト株式会社は4月22日、国連がサイバーセキュリティ分野で責任ある国家の行動について合意したと同社ブログで発表した。

製品・サービス・業界動向
国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意
日本マイクロソフト株式会社は4月22日、国連がサイバーセキュリティ分野で責任ある国家の行動について合意したと同社ブログで発表した。

同社によると、3月はじめに国連の193の全加盟国で開かれたサイバーセキュリティに関するオープンエンドワーキンググループ(OEWG)にて約2年間の審議を重ね、オンライン上で期待される責任ある国家の行動について合意し最終報告書を発行したという。

同社では合意時期について、Nobelium および Hafnium という2つの大規模な国家的攻撃や、COVID-19 のパンデミックの中で医療機関をターゲットとした攻撃が相次ぐ中、国連の取り組みや、広範囲に被害を及ぼす国家的な無差別攻撃に反対する結束力が高まることは励みになるとしている。

同社は今回の報告書の特に注目すべき点として次の3つを挙げている。

・この報告書により、サイバー空間における国際法と2015 年に自主的な基準として採択された責任ある行動規範の権威が高まり支持されるようになること

・この報告書で医療サービスや医療施設などのヘルスケアをサイバー攻撃から守る必要性を説いていること

・情報通信技術(ICT)のサプライチェーンを保護するよう各国に呼びかけていること

同社は最後に、共有サイバー空間を保護するにあたって必要となる次のステップをサポートしたいと表明している。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. AI は未来の脆弱性診断をどう変える? 第3回 「進化する AI と共に成長する AeyeScan、人を超えていく未来の可能性を探る」

    AI は未来の脆弱性診断をどう変える? 第3回 「進化する AI と共に成長する AeyeScan、人を超えていく未来の可能性を探る」

  2. クラウド版「License Guard」で感染の隔離範囲判断し復旧時間短縮

    クラウド版「License Guard」で感染の隔離範囲判断し復旧時間短縮

  3. ランサムウェア対策無料チェックツール公開 ~ 設問数 25、簡易レポート即発行

    ランサムウェア対策無料チェックツール公開 ~ 設問数 25、簡易レポート即発行

  4. プルーフポイント、セキュリティ意識向上トレーニング「PSAT」に新機能 新コンテンツ拡充

  5. 二次代理店制度導入や日本円プライスリスト提供ほか ~ KnowBe4 Japan、日本市場へのアプローチ強化

  6. NTTデータが「CMS-CSIRT」に参画、地域金融機関の共同でのサイバーセキュリティ対策を支援

  7. NTTが標準化活動を推進、秘密計算技術「ISO/IEC 4922-1:2023」発行

  8. DMARC導入企業が半数近くに、猛威振るうあのマルウェアが普及加速の一因か?

  9. 「インフルエンザ総合対策」サイト開設(厚生労働省)

  10. 「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×