国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意 | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意

日本マイクロソフト株式会社は4月22日、国連がサイバーセキュリティ分野で責任ある国家の行動について合意したと同社ブログで発表した。

製品・サービス・業界動向
国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意
  • 国家的無差別サイバー攻撃に反対、国連加盟国が「責任ある国家がとるべきオンライン上の行動」について合意
日本マイクロソフト株式会社は4月22日、国連がサイバーセキュリティ分野で責任ある国家の行動について合意したと同社ブログで発表した。

同社によると、3月はじめに国連の193の全加盟国で開かれたサイバーセキュリティに関するオープンエンドワーキンググループ(OEWG)にて約2年間の審議を重ね、オンライン上で期待される責任ある国家の行動について合意し最終報告書を発行したという。

同社では合意時期について、Nobelium および Hafnium という2つの大規模な国家的攻撃や、COVID-19 のパンデミックの中で医療機関をターゲットとした攻撃が相次ぐ中、国連の取り組みや、広範囲に被害を及ぼす国家的な無差別攻撃に反対する結束力が高まることは励みになるとしている。

同社は今回の報告書の特に注目すべき点として次の3つを挙げている。

・この報告書により、サイバー空間における国際法と2015 年に自主的な基準として採択された責任ある行動規範の権威が高まり支持されるようになること

・この報告書で医療サービスや医療施設などのヘルスケアをサイバー攻撃から守る必要性を説いていること

・情報通信技術(ICT)のサプライチェーンを保護するよう各国に呼びかけていること

同社は最後に、共有サイバー空間を保護するにあたって必要となる次のステップをサポートしたいと表明している。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  2. 現役ハッカーに尋ねる、知られざるSynack Red Teamの「お仕事」とは

    現役ハッカーに尋ねる、知られざるSynack Red Teamの「お仕事」とは

  3. 手形・小切手の画像データで銀行間決済可能に、3年後目途(全銀協)

    手形・小切手の画像データで銀行間決済可能に、3年後目途(全銀協)

  4. 葛飾新宿郵便局、簡易保険契約者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失

  5. 日本データフェロース株式会社、2月1日より日本エフ・セキュア株式会社へ社名変更(日本エフ・セキュア)

  6. 太陽生命保険、個人情報を記載した資料を委託先が紛失

  7. 【防犯アプリ03】全国各地の監視カメラ映像をiPhoneで閲覧

  8. フィリピン国家警察に自動指紋認証システムを提供、犯罪・鑑識捜査用途に使用(NEC)

  9. 個人情報保護委員会、LINEの個人情報取扱いについて見解を公表

  10. 第三者によるLINEアカウントへのアクセス可能性に関する見解を発表(LINE)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×