新型コロナウイルスによるイベント中止を誤送信、131名のアドレス流出(日本財団) | ScanNetSecurity
2020.07.09(木)

新型コロナウイルスによるイベント中止を誤送信、131名のアドレス流出(日本財団)

公益財団法人日本財団は2月28日、同財団が開催予定していたトークイベントの中止連絡の際に、誤送信によるメールアドレスの流出が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公益財団法人日本財団は2月28日、同財団が開催予定していたトークイベントの中止連絡の際に、誤送信によるメールアドレスの流出が発生したと発表した。

これは同財団が管理運営者である国立ハンセン病資料館にて3月8日に開催を予定していた「石井正則写真展トークイベント『ハンセン病療養所の写真と音楽』」について、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため中止連絡を行った際に、操作を誤りメールアドレスを「To」欄に入力し送信し、受信者に互いのアドレスが共有されたというもの。

流出したのは、「石井正則写真展トークイベント『ハンセン病療養所の写真と音楽』」に参加申し込みしていた131名のメールアドレス。

同財団では今後、個人情報の管理と運用を徹底し、再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×