【画像】サイバースパイ活動「NetTraveler」が再開か、標的型攻撃メールを確認(カスペルスキー) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.26(火)

サイバースパイ活動「NetTraveler」が再開か、標的型攻撃メールを確認(カスペルスキー) 1枚目の写真・画像

脆弱性と脅威

確認された活動家への標的型攻撃メール
確認された活動家への標的型攻撃メール

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 東芝が提供する「FlashAir」のフォトシェア機能に複数の脆弱性(JVN)

    東芝が提供する「FlashAir」のフォトシェア機能に複数の脆弱性(JVN)

  2. Amazonの請求書を装い、リンクのクリックを狙うフィッシングメールを確認(フィッシング対策協議会)

    Amazonの請求書を装い、リンクのクリックを狙うフィッシングメールを確認(フィッシング対策協議会)

  3. 同業種でも攻撃や感染の数は企業により異なる、その差はリテラシー(ファイア・アイ)

    同業種でも攻撃や感染の数は企業により異なる、その差はリテラシー(ファイア・アイ)

  4. アドウェアとトロイの木馬の機能を持つマルウェア、Google Playで確認(Dr.WEB)

  5. 「Joomla!」に2つの重大な脆弱性、アップデートを呼びかけ(Joomla!)

  6. Apache Struts 2.x においてパーサの値検証不備により任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  7. Microsoft Windows の afd.sys ドライバに起因するメモリ領域の二重解放の脆弱性(Scan Tech Report)

  8. 「Pinterest」ユーザを狙う「BHEK」によるスパムメール攻撃を確認(トレンドマイクロ)

  9. 「Apache Struts2」に任意のコードを実行される「緊急」の脆弱性(JVN)

  10. Javaの脆弱性を悪用する新たなバックドア型不正プログラム(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×