2009年2月のスパム配信国、韓国が急上昇(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

2009年2月のスパム配信国、韓国が急上昇(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は3月2日、2009年2月のスパムマップ配信国ランキングをブログ上で発表した。ランキングは、1位がアメリカ、2位がロシア、3位が韓国、4位がトルコ、5位がブラジルと、ランキングに大きな変動が見られた。2位に位置していたブラジルがランクダウ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は3月2日、2009年2月のスパムマップ配信国ランキングをブログ上で発表した。ランキングは、1位がアメリカ、2位がロシア、3位が韓国、4位がトルコ、5位がブラジルと、ランキングに大きな変動が見られた。2位に位置していたブラジルがランクダウンし、代わりに韓国が大幅にランクアップした。ただし、この結果からブラジルからのスパムメール配信収束を判断するには早計であるとしている。

 スパムメールを介した攻撃手法としては、先月に引き続き「WORM_WALEDAC」ファミリがスパムメールによる拡散を広げている。以前より懸念されていたバレンタインデーのグリーティングカードを装ってウイルスを配布する手口が採られている。このほかにもバレンタインデーに便乗した手口が報告されており、バレンタインデーのようにギフトが絡むイベントでは、オンラインショッピング詐欺と連動したスパムメール拡散傾向が高まる。2月6日に報告の事例では、バレンタインデーの特別セールを宣伝するメールが確認されている。国内の事例では、携帯電話に向けた架空請求メールの被害事例が報告されている。


http://blog.trendmicro.co.jp/archives/2627
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×