1998年創刊の「HackerJapan」誌が休刊に(白夜書房) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

1998年創刊の「HackerJapan」誌が休刊に(白夜書房)

白夜書房は、「HackerJapan」誌が現在販売されている2013年11月号を最後に休刊することになったと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社白夜書房は11月14日、同社の刊行する「HackerJapan」誌を、現在販売している2013年11月号を最後に休刊すると発表した。

同誌は不正アクセス禁止法施行前の1998年10月に創刊(店頭に並んだのは9月)され、コンピュータウイルスのグローバルアウトブレイクや、個人情報保護法施行以降の情報漏えい事故の多発やAPT攻撃など、それぞれの時代毎に、コンピュータセキュリティの専門家を志す個人のさまざまなニーズに応え続けることで、ITセキュリティの一角を牽引してきた。

創刊初期こそ、媒体名から想像されるアンダーグラウンドな内容が展開されたが、中期以降は、セキュリティ企業の技術者や、エンジニア、プログラマーなど、企業内の個人に向けた堅実で業務にも役立つ誌面作りが行われた。

広告収入ではなく、実売売上と、定期的に刊行するムックの売上のみで運営を続けた。白夜書房の斉藤健一氏が創刊から一貫して15年間編集長を務めた。

同誌寄稿者からは、セキュリティ研究者はもとより、セキュリティ系ベンチャー企業の社長や、海外で行われるセキュリティコンテストの上位入賞者、サイバーミステリ作家など、多数の人材を輩出した。同誌はまた、ティーンエージャーの読者を多数抱えていたことで知られており、若い世代の育成が課題となっているITセキュリティ業界の希望のひとつと目されていた。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×