ホンダファイナンス、カーリース契約情報が記録されたCD-ROMを紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

ホンダファイナンス、カーリース契約情報が記録されたCD-ROMを紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社ホンダファイナンスは3月2日、カーリース契約に関する個人情報を保存しているCD-ROM1枚を社内で紛失したことが判明したと発表した。紛失したCD-ROMには、「ホンダカーリース」の平成14年1月および2月分の契約書類(自動車リース契約書、リース計算書、自動車検査証、任意保険書類)のデータ計2,354件が記録されており、個人に関する情報の項目は住所、氏名、生年月日、電話番号、性別、居住年数、勤務先、勤続年数、リース料、支払口座、配偶者の有無、家族人数、住居形態であった。同データは、他の不要書類などと混同され廃却溶解処分された可能性が極めて高いものとしており、現在のところ不正利用の事実も確認されていないとしながらも、社内規定に従って緊急対策委員会を開催、事実関係および原因の調査を実施しているという。


ホンダファイナンス:カーリース契約情報の紛失に関するご報告とお詫び
http://www.honda.co.jp/HFC/info/carlease.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×