研修・セミナー・カンファレンスニュース記事一覧(30 ページ目) | ScanNetSecurity
2019.10.17(木)

研修・セミナー・カンファレンスニュース記事一覧(30 ページ目)

サイバーセキュリティ基本法とNISCの役割について――NISC 副センター長 谷脇康彦氏 画像
業界動向

サイバーセキュリティ基本法とNISCの役割について――NISC 副センター長 谷脇康彦氏

谷脇氏は、日本をとりまくサイバーセキュリティの現状や政府の取り組み、サイバーセキュリティ基本法の理念とNISCの位置づけなどを語った。

セキュリティ製品が生み出す大量のログを可視化するメリット(ウォッチガード) 画像
セミナー・イベント

セキュリティ製品が生み出す大量のログを可視化するメリット(ウォッチガード)

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは4月10日、セキュリティ可視化ソリューh村によるさまざまなメリットを紹介するソリューションセミナー「ネットワークショリューションの可視化」を実施する。

「セキュリティ・ミニキャンプ in 新潟」を5月16~17日に開催(IPA) 画像
セミナー・イベント

「セキュリティ・ミニキャンプ in 新潟」を5月16~17日に開催(IPA)

IPAとセキュリティ・キャンプ実施協議会は共同で、5月16日から17日の2日間にかけて「セキュリティ・ミニキャンプ in 新潟」を開催する。

自主防犯活動の実践事例などを学べる講座を開催(岡山県) 画像
セミナー・イベント

自主防犯活動の実践事例などを学べる講座を開催(岡山県)

岡山県は自主防犯活動の実践事例などを中心に学べる講座「自主防犯★スタートアップ講座」を25日に開催する。

[レポート] 医療とセキュリティのハッカソン「Medical x Security Hackathon 2015」 画像
特集

[レポート] 医療とセキュリティのハッカソン「Medical x Security Hackathon 2015」

実際の医療現場で使われているレセプトソフトなど数種類のWebアプリケーションが主催者から提供され、それに対して脆弱性診断を行う。ソースコードが提供されるものもあるので、テストはブラックボックス形式の診断かソースコード診断かは問わない。

暗号化・HTTPS通信の拡大で増えるトラフィックに求められるセキュリティパフォーマンス(ウォッチガード) 画像
セミナー・イベント

暗号化・HTTPS通信の拡大で増えるトラフィックに求められるセキュリティパフォーマンス(ウォッチガード)

米 WatchGuard Technologies 社のコーポレートストラテジー&マーケティング担当副社長 Dave R.Taylor 氏が、SecurityDaysにて最近の攻撃トレンドと多層防御の考え方に関する講演を行った。

子ども向けに安心・安全にインターネットを活用するためのITリテラシーを学ぶことができるワークショップを開催(CA Tech Kids、ヤフー) 画像
セミナー・イベント

子ども向けに安心・安全にインターネットを活用するためのITリテラシーを学ぶことができるワークショップを開催(CA Tech Kids、ヤフー)

 小学生向けプログラミング事業を行う「CA Tech Kids」とヤフーが運営する子ども向けポータルサイト「Yahoo!きっず」は、ITリテラシーとプログラミングを学ぶワークショップを3月14日と15日の2日間にわたって開催する。

CODE BLUE 第 2 回の舞台裏を聞く~ BLUE 篠田佳奈氏インタビュー 画像
特集

CODE BLUE 第 2 回の舞台裏を聞く~ BLUE 篠田佳奈氏インタビュー

CODE BLUEが海外の面白いカンファレンスの1つとして認識され、「思い出してもらえるカンファレンス」になったことが、すごく嬉しいです。

サイバー犯罪の傾向と情報セキュリティに関する最新技術を解説、3月5日・6日開催(ナノオプト・メディア) 画像
セミナー・イベント

サイバー犯罪の傾向と情報セキュリティに関する最新技術を解説、3月5日・6日開催(ナノオプト・メディア)

 ナノオプト・メディアは、3月5日・6日の2日間、サイバー犯罪の傾向と情報セキュリティに関する最新の技術・ソリューションを解説する総合イベント『Security Days 2015』を、東京都千代田区で開催する。今回で第三回目の開催となる。

[Security Days 2015 インタビュー] 第一世代サンドボックス製品が持っていた問題点をクリア(フォーティネットジャパン) 画像
セミナー・イベント

[Security Days 2015 インタビュー] 第一世代サンドボックス製品が持っていた問題点をクリア(フォーティネットジャパン)

初期に商品化された「第一世代」サンドボックスは、アメリカの国家組織の要請で開発されたもので、そうした組織には検知後の対応を行うプロがいるため、検知だけできればよかった。つまり、一般企業ユーザの使用には課題が多すぎるのです。

[Security Days 2015 インタビュー] 自動化とマイクロセグメンテーションがAPT対策のカギになる(パロアルトネットワークス) 画像
セミナー・イベント

[Security Days 2015 インタビュー] 自動化とマイクロセグメンテーションがAPT対策のカギになる(パロアルトネットワークス)

「欠けていたことのひとつが、「セキュリティ自動化」ではなかったかと私は思います。標的型攻撃に対応するために、IPS/IDS 、SIEM などを導入して監視を強化すると、検知されるイベントが増えて、結果的に見落としが発生します。」

[Security Days 2015 インタビュー] 改ざん検知+脆弱性管理=予知的防御 (トリップワイヤ・ジャパン) 画像
セミナー・イベント

[Security Days 2015 インタビュー] 改ざん検知+脆弱性管理=予知的防御 (トリップワイヤ・ジャパン)

「エンドポイントセキュリティの重要性が改めて認識されています。一台の感染端末を起点として伝播を広げる、高度な攻撃を止められないからです。変更を検知し、修復を促すトリップワイヤのソリューションの役割にも新しい光が当たっていると思います。」

[Security Days 2015 インタビュー] トレンドマイクロ、マイクロソフト、FFRIとの連携で実現する先進的防御(NTTコミュニケーションズ) 画像
セミナー・イベント

[Security Days 2015 インタビュー] トレンドマイクロ、マイクロソフト、FFRIとの連携で実現する先進的防御(NTTコミュニケーションズ)

「マルウェアも他のソフトウェアと同様に、環境が合わないと上手く動作せずにクラッシュします。標的型攻撃などで長期間潜伏している間もクラッシュさせることがあるかもしれません。クラッシュするという観点では、通常の業務アプリもマルウェアも同じなのです。」

[Security Days 2015 インタビュー] 未知の脅威を防ぐ予測型の脅威インテリジェンス(ウェブルート) 画像
セミナー・イベント

[Security Days 2015 インタビュー] 未知の脅威を防ぐ予測型の脅威インテリジェンス(ウェブルート)

「標的型攻撃への対策としてNGFW、SIEM、サンドボックスのような新しいソリューションを展開した場合、次に問題となるのは、これらのシステムが参照する外部情報です。弊社の脅威インテリジェンスは約1200万の危険なIPアドレスの情報をもち、かつ5分ごとに更新しています。」

[Security Days 2015 インタビュー] 仮想化レベルの標的型攻撃内部対策、マイクロセグメンテーションとは(ヴイエムウェア) 画像
セミナー・イベント

[Security Days 2015 インタビュー] 仮想化レベルの標的型攻撃内部対策、マイクロセグメンテーションとは(ヴイエムウェア)

2014 年 9 月、IPA が「高度標的型攻撃対策に向けたシステム設計ガイド」を公開しました。ネットワークセグメントを分割し、セグメント間にファイアウォール(FW)を設置することにより、アクセス制御の範囲を細かくしていくような対策の必要性が述べられています。

「スマートフォン セキュリティ・シンポジウム2015」を開催、課題や活用事例について技術部会が紹介(JSSEC) 画像
セミナー・イベント

「スマートフォン セキュリティ・シンポジウム2015」を開催、課題や活用事例について技術部会が紹介(JSSEC)

JSSECの設立は2011年5月、法人化は2012年4月。スマホやタブレットのセキュリティ上の課題解決や普及促進が目的の一般社団法人だ(画像はJSSECサイトから)

[SECCON 2014決勝] 運営が考え抜いた難問に強豪チームも苦戦――僕らはバイナリに強いチームだ。Webなんて知らない 画像
セミナー・イベント

[SECCON 2014決勝] 運営が考え抜いた難問に強豪チームも苦戦――僕らはバイナリに強いチームだ。Webなんて知らない

歴史あるDEF CON CTF出場権が与えられるのはSECCON CTFしかない。SECCON CTF 2014には世界58か国から応募があり、「PPP」(米DEF CON CTF2年連続優勝)、「Dragon Sector」(ポーランド:世界CTFランキング1位)といった世界のトップチームも参加する大会となった。

[速報] SECCON 2014、韓国チーム TOEFL Beginner が優勝 画像
セミナー・イベント

[速報] SECCON 2014、韓国チーム TOEFL Beginner が優勝

今回は、米国、ロシア、ポーランドの強豪チーム、中国、台湾、韓国からも参加があり、そのうち米国の「PPP」はDEF CON CTFで2年連続の優勝を果たしているチームであり、ポーランドの「Dragon Sector」は世界CTFランキングで1位のチームだ。

SECCON CTF 2014決勝戦および全国大会カンファレンスを2月7、8日に開催(SECCON実行委員会) 画像
セミナー・イベント

SECCON CTF 2014決勝戦および全国大会カンファレンスを2月7、8日に開催(SECCON実行委員会)

SECCON実行委員会は、SECCON CTF 2014決勝戦および全国大会カンファレンスを2月7日および8日に東京電機大学 東京千住キャンパスにおいて開催する。

アジアの最新セキュリティ技術が結集、韓国「SECON 2015」が3月開催 画像
セミナー・イベント

アジアの最新セキュリティ技術が結集、韓国「SECON 2015」が3月開催

また、今回、オフィスや家庭などのあらゆる環境がネットワークで繋がることで身近になるモノのインターネット時代におけるセキュリティ脅威を直接体験できる「モノのインターネットセキュリティ体験館」が設けられる予定。

技術者を対象とした国際会議「APRICOT-APAN 2015」を福岡で開催(APRICOT-APAN 2015 日本実行委員会) 画像
セミナー・イベント

技術者を対象とした国際会議「APRICOT-APAN 2015」を福岡で開催(APRICOT-APAN 2015 日本実行委員会)

APRICOT-APAN 2015 日本実行委員会は、「APRICOT-APAN 2015」を2月24日から3月6日の11日間、福岡にて開催する。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 25
  5. 26
  6. 27
  7. 28
  8. 29
  9. 30
  10. 31
  11. 32
  12. 33
  13. 34
  14. 35
  15. 40
  16. 50
  17. 最後
Page 30 of 52
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×