【画像】利用実態調査、スマートフォンのネット利用割合が携帯電話を逆転(ニールセン) (1/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.23(水)

利用実態調査、スマートフォンのネット利用割合が携帯電話を逆転(ニールセン) 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

インターネット利用率推移:デバイス別
インターネット利用率推移:デバイス別

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. パフォーマンスを最も低下させるアプリはSamsung製アプリがトップに(Avast)

    パフォーマンスを最も低下させるアプリはSamsung製アプリがトップに(Avast)

  2. Black Hat参加者が感じる自組織の課題は「OSのパッチとアップデート」(Cylance)

    Black Hat参加者が感じる自組織の課題は「OSのパッチとアップデート」(Cylance)

  3. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  4. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  5. 「報奨金プログラム」開始5週間、ワースト1の業種は「販売/流通」(BSA)

  6. SNSのトラブルは「LINE」と「Twitter」が突出、4人に1人がいじめ・嫌がらせを経験(プリキャンティーンズラボ)

  7. サイバー犯罪者に人気の電子カルテ、しかし10万台の医療機器がネットに露出(トレンドマイクロ)

  8. 日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

  9. 日本のインターネットリスクの高さは183中155位、ただし危険なサーバは多数(Rapid7)

  10. CSIRT、SOCの設置率は2年前から10%増加、しかし約4割が情報漏えいや操業停止を経験(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×