市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」 | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」

 6 月 19 日、エルサレムやイスラエル南部で 1 時間以上にわたって空襲警報が鳴り響いたが、空襲は実際には起きなかった。一部では、イランが警報を誤作動させたのではないかという声が上がっている。

国際
市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」

 6 月 19 日、エルサレムやイスラエル南部で 1 時間以上にわたって空襲警報が鳴り響いたが、空襲は実際には起きなかった。一部では、イランが警報を誤作動させたのではないかという声が上がっている。

 犯人は不明のままだが、イスラエルの国家サイバー総局はツイッターで、サイバー攻撃の可能性を強調した。そしてその理由として、当初はイスラエル国防軍の警報が作動したと考えられていたが、実際には自治体の管理する広報システムだったことを挙げている。警報は、紅海に面する港町エイラットでも鳴った。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  3. ベルシステム24 のベトナム子会社に不正アクセス、コールセンター受託業務での顧客情報漏えいの可能性

    ベルシステム24 のベトナム子会社に不正アクセス、コールセンター受託業務での顧客情報漏えいの可能性

  4. 「情報漏えいの可能性を完全に否定することはできない」高野総合会計事務所グループのデータを管理するサーバにランサムウェア攻撃

  5. [まさか本気でそんなに儲かると思った?]サイバー犯罪者さん 職種別給与一覧 ~ 求人広告22万件調査

  6. 非表示設定等が可能なファイル形式の送付を廃止 ~ 永年勤続表彰の教員選考に関するファイルを誤送信

  7. 取締役や幹部への罰金 禁固 罷免 解雇 ~ サイバー攻撃後の被処罰最多は APJ 地域

  8. 支払額倍増の場合も ~ オラクルが Fortune 200 へ Java ライセンスに関する監査書送付を開始

  9. ? ランサムウェアの犯人「新型コロナ危機の間は医療機関を標的にしないことを俺たちは誓う」(The Register)

  10. 監視広告の覇者になれなかったオラクル、ポスト・ケンブリッジ・アナリティカ時代の逆風

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×