TorがAmazonクラウドでDIYリレーを開始〜構築が容易で安価に実行可能(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

TorがAmazonクラウドでDIYリレーを開始〜構築が容易で安価に実行可能(The Register)

Tor Projectが、同匿名ネットワークにボランティアが帯域を提供するのをより容易にするため、AmazonのEC2クラウド・サービスを利用している。

国際 TheRegister
Tor Projectが、同匿名ネットワークにボランティアが帯域を提供するのをより容易にするため、AmazonのEC2クラウド・サービスを利用している。

同プロジェクトに関わる開発者がTor Cloudのイメージを発表しているが、これは、ユーザーによる同サービスへのアクセスを可能にするブリッジを、ボランティアが迅速に配備するのに利用できるものだ。この新システムは基本的に、ハードとソフトを配備、実行する労力とコストを減少させることで、このようなTorリレーの実行における面倒を、ある程度緩和するよう設計されている。

「Amazon EC2にTorブリッジをセットアップするのは容易で、2、3分程度しかかからない」と、月曜に発表された記事に、プロジェクト・メンバーが書いている。「このイメージは、自動のパッケージ・アップデートとポート転送を使用して設定されているため、Torが動作しない、あるいはサーバがセキュリティ・アップデートを入手しないといったことを心配する必要は無い。」

多くの場合、Torブリッジのセットアップに同イメージを利用する人々は、Amazonの無料利用枠に登録することになる。これによりボランティアは1年間、EC2上でブリッジを実行することが可能だ。登録できない人々は、1カ月に約30ドル支払う必要がある。

Torブリッジはメインディレクトリにリストされないリレーで、圧制的な政府やサービスプロバイダーによるブロックがより難しくなる。ボランティアにより維持されるリレーは、同ネットワークで最初のステップの役割を務める。そしてそこから、トラフィックが他のリレーへと転送される。

事前に設定されたサーバ・イメージは、ヴァージニア、北部カリフォルニア、オレゴン、アイルランド、東京およびシンガポールといった、Amazonの6カ所のサービス地域で利用できる。ブリッジのランニングコストを30ドル以下にするため、帯域制限がある。Torの記事によれば、いったんインストールすると、多少のメンテナンスは必要だという。

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×