クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

先週、AWS と Microsoft は、それぞれのクラウド料金が高すぎることを顧客に気づかれてしまったと認めた。

国際
クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことがバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

 IT コミュニティの大部分は、クラウドは魔法のように素晴らしいから積極的に使おう、という考え方を許容する姿勢を見せてきたし、さらにはそうした考え方を推進しようとする人々もいた。そして私たちの多くは、その宣伝文句を疑わなかった。

 私は、素晴らしいという触れ込みのドラッグ&ドロップ操作型ハイブリッドクラウドストレージ管理システムのデモを、数週間前に目にした。その際、私も一瞬クラウドの宣伝文句を鵜呑みにしかけてしまった。何しろその画面には、オンプレミスとクラウドのボリュームが表示され、数回クリックしてマウスでドラッグするだけで、ペタバイト単位のデータをクラウドに転送してくれたのだ。そればかりか、データとアプリケーションの対応付けが両方の環境で行われた上に、セキュリティポリシまで転送してくれていた。

 しかしその後、私はこの魔法のようなシステムを発明した人々に、ある点について尋ねた。データを転送した際に発生した費用について、ユーザに対して何らかの情報が提示されるのか、という点だ。

 返ってきた答は「いいえ、その機能は近日中に追加します」だった。

 このベンダ、そして実際のところあらゆるベンダが、何食わぬ顔をしてこのような嘆かわしい返事をしやがるのには、理由がある。料金がかかったとしても、クラウドに移行して柔軟な運用が可能になれば、すべてが好ましい方向に進んでいくと、私たちが何年にもわたって聞かされてきたことがその理由だ。

 このベンダは、物理的な機器ではなく、クラウドベースのストレージソフトウェアの提供に活路を見出しているわけだ。そのため、このベンダが気にする料金とは、そのコードのライセンスがいくらで売れるかという点だけだ。クラウドは魔法のようなものだというナラティブが浸透しているため、細かい点まで誰も気にしない。

 しかし、実際には、クラウドはこれまでずっとまとまりを欠きながら肥大化してきた傾向があるし、管理を誤る可能性があるし、または公称の性能を発揮できないなどの問題等を抱えてきた。つまり、クラウドは、この点においては、その他のあらゆるコンピューティングリソースやストレージリソースと変わらないのだ。

 先週、AWS と Microsoft は、それぞれのクラウド料金が高すぎることを顧客に気づかれてしまったと認めた。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. サイバー犯罪者がある種の道徳的指針を持つ時代は過ぎ去った

    サイバー犯罪者がある種の道徳的指針を持つ時代は過ぎ去った

  2. 悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

    悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

  3. バイデン大統領、予算教書で CISA の資金を 30 億ドルに増額 ~ さらに医療サイバーセキュリティに約 15 億ドル要求

    バイデン大統領、予算教書で CISA の資金を 30 億ドルに増額 ~ さらに医療サイバーセキュリティに約 15 億ドル要求

  4. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  5. 台湾が Zoom を嫌う理由

  6. CrowdStrike Blog:APT 攻撃に立ち向かう~世界のサイバー攻撃者リスト

  7. CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )、ファンシーベアとは何者か?

  8. マイクロソフト「警告を受けなかったと言わせない」Basic 認証無効化期限迫る

  9. 米国当局がStuxnetは米国とイスラエルの共同作戦だったことを認める〜ああ、そうですか、でもどうして私たちに言うんですか大統領閣下?(The Register)

  10. TLS に新たな欠陥:被害者になりすますことが可能に~研究者が暴いた、暗号化プロトコルを騙す方法――及び、それを修復する方法(The Register)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×