はてな、住所登録の義務化を撤回。登録された住所情報を破棄へ | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.22(水)

はてな、住所登録の義務化を撤回。登録された住所情報を破棄へ

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
★調査事業の基礎知識や成功ポイントがわかる┏━━━━━━━━━━━┓
★オプトイン、コミュニティサイト事業者など  ┃リサーチ事業立ち上げの┃
【先着30名】   モニター保有者は必見!  ┃    基礎講座    ┃
【複数参加割引あり】 12月10日(金) 開催   ┗━━━━━━━━━━━┛
   詳細: https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?rjt01_netsec
───────────────────────────────────


 日記、アンテナ、人力検索などを含めたblog系サービスを提供する巨大サイト「はてな」は11月25日、ユーザの住所登録を義務化する方針について行っていたパブリックコメント募集に寄せられた意見をまとめ、新たな行動指針を発表した。

 はてなでは、「ユーザの正確な氏名や住所を確認しない場合、違法情報が登録された際などにはてなが法的責任を負う可能性がある」という点を根拠として住所登録の義務化を検討していたが、過去の判例などから違法行為を行うユーザの十分な本人確認を怠った場合に、ブログ事業者が違法行為を教唆・幇助したとされる可能性があるとする意見がある一方で、プロバイダ責任法上、サービス提供者は違法な情報を具体的に認識できてから責任が発生するのであり、現状のはてなのサービスで「主体性」が認定されるとは考え難く、判例の解釈は間違っているという意見もあったという。

 これらの意見を総合的に判断した結果、違法行為の主体としての責任追及の可能性は否定できないものの、こうした解釈自体が確定的であるわけではなく、今後の判例などによって方向が左右される流動性の高い問題であると認識し、現時点で「必ず住所が必要である」と断定するまでの根拠とはならないとした。

 はてなは、住所登録の義務化を撤回し、これまで登録された住所情報をすべて破棄した。また、はてなが収集した個人情報の利用目的・開示条件・管理体制などをより明確にし、プライバシーポリシーとして同日に公開した。また、はてな内のサービスや社内のセキュリティ対策を強化し、公開可能な範囲で情報を公開していくという。

 また、「ユーザに価値あるサービスを提供すること」「社会に価値あるサービスを提供すること」というサービスの基本に立ち返り、これまで以上により良いサービスの提供を目指すという考えだ。今回の方針変更は異例のことであるが、blogというユーザ個人のプライバシーを扱うサービスにおいてユーザ自身から専門家まで幅広い意見募集を行うことは重要だ。はてなの行動は、blogサービスを提供するほかのサービスにとっても有効な指針となりそうだ。


はてな:はてなへの住所登録の義務化撤回について
http://www.hatena.ne.jp/info/address
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  7. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  8. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  9. 自社技術とトレンドマイクロ製品で、ネットワークセキュリティの実証実験(IIJ)

  10. 攻撃者を偽のエリアに誘導するディセプション技術を搭載する統合EDRを発表(シマンテック)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×