Googleアカウント無効化管理ツールの使い方 | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

Googleアカウント無効化管理ツールの使い方

グーグル合同会社(Google)は11月16日、使用されなくなった同社アカウントの保護についてブログ記事で発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 グーグル合同会社(Google)は11月16日、使用されなくなった同社アカウントの保護についてブログ記事で発表した。

 同社では、使用されず放置された古いアカウントについて、サイバー犯罪のターゲットになる可能性を指摘し、その実例として石油パイプライン会社 Colonial Pipeline へのランサムウェア攻撃では使用されなくなった多段階認証が適用されていないアカウントを通して発生したことや、 T-Mobile への不正アクセスも、古い請求ファイルを通して、使用されなくなったプリペイドアカウントの情報がアクセスされたことを挙げている。

 同社では使用されなくなったアカウントがもたらすセキュリティリスクに対し、アカウント無効化管理ツールを提供しており、同ツールを利用することでGoogle がアカウントを無効と見なすべきタイミングを3か月、6か月、12か月、18か月から選択できる。また同ツールでは、Google が無効になった Google アカウントを削除するかどうか、Google アカウントが無効になった際に、Google が通知する人を10人まで選択できる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×