サイバーセキュリティ人材、女性の平均給与は男性と約80万円差 ~ ISC2 調査 | ScanNetSecurity
2024.05.28(火)

サイバーセキュリティ人材、女性の平均給与は男性と約80万円差 ~ ISC2 調査

 女性の平均給与は10万9,609ドルであるのに対し、男性は11万5,003ドルと、およそ5,400ドル(2024年5月8日レートで83万8,984円)の差があることが判明した。

調査・レポート・白書・ガイドライン
米国のサイバーセキュリティ人材の平均給与(民族・性別別)
  • 米国のサイバーセキュリティ人材の平均給与(民族・性別別)
  • セキュリティチームにおける多様性の重要性(男女別)
  • サイバーセキュリティチームに占める女性の割合
  • 業界別のサイバーセキュリティチームに占める女性の割合

 ISC2, Inc.は4月26日、サイバーセキュリティ業界で働く女性に焦点を当てた最新の調査レポート「Women in Cybersecurity」を発表した。

 同調査は、北米、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカ、中東、アフリカに居住している14,865人のサイバーセキュリティ実務者を対象とした「ISC2 Cybersecurity Workforce Study」の2023年度版に参加した女性のサイバーセキュリティ実務者2,400名(全調査対象者の約17%)からの回答をまとめたもの。

 同調査によると、サイバーセキュリティチームに占める女性の割合は平均23%で、「30歳未満」の回答者では26%が女性だったが、「65歳以上」の回答者で女性はわずか13%にとどまり、若手人材における多様性の増加が見て取れたとしている。

 クラウドサービスや自動車、建設業界ではセキュリティチームに占める女性の割合が28%と最も高かったが、軍事と公益事業は最も低い20%であった。

 セキュリティチームにおける多様性の重要性を認識している女性の割合は76%で、男性の63%よりも高く、78%の女性がチームの成功にはインクルーシブな環境が不可欠だと感じていることが明らかになった。

 サイバーセキュリティ業界の労働力に関する調査の回答者の11%は、自身のセキュリティチームに女性がいないと回答しており、男性回答者の21%が自身のセキュリティチームに占める女性の割合を把握していなかったが、同様の回答をした女性は13%であった。

 女性の平均給与は10万9,609ドルであるのに対し、男性は11万5,003ドルと、およそ5,400ドル(2024年5月8日レートで83万8,984円)の差があることが判明した。また、29%の女性が職場で差別を感じていると回答したのに対し、男性は19%であった。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  3. 情報漏えいした上場企業の株価、最大下落率は21.6%に

    情報漏えいした上場企業の株価、最大下落率は21.6%に

  4. サイバーリスク対応優先度は経営課題 12 項目中最下位、1 %台(日本損害保険協会)

  5. セキュリティ事故が起こるといくらお金がかかるのか、JNSAが画期的資料公表

  6. フィッシングサイトのドメイン「workers.dev 」急増、デジタルアーツ調査

  7. SNSのトラブルは「LINE」と「Twitter」が突出、4人に1人がいじめ・嫌がらせを経験(プリキャンティーンズラボ)

  8. フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

  9. サポート詐欺の電話番号「010」で始まる国際電話番号利用手口も

  10. 被害額 1 億円超えのリスク「サイバー」が 6.3 % ~ 日本損保協会調査

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×