総務省サイバーセキュリティタスクフォース資料公開、SBOM強化や施策別予算額一覧ほか | ScanNetSecurity
2024.03.04(月)

総務省サイバーセキュリティタスクフォース資料公開、SBOM強化や施策別予算額一覧ほか

総務省は、1月24日にオンラインで開催された「サイバーセキュリティタスクフォース(第46回)」の資料を公開した。

製品・サービス・業界動向
総務省における主なサイバーセキュリティ関連予算の概要
  • 総務省における主なサイバーセキュリティ関連予算の概要
  • 「ICTサイバーセキュリティ総合対策2023」に基づく取組状況

 総務省は、1月24日にオンラインで開催された「サイバーセキュリティタスクフォース(第46回)」の資料を公開した。議題は「『ICTサイバーセキュリティ総合対策2023』に基づく取組状況」「最近のサイバー攻撃の動向と対策」「サイバーセキュリティタスクフォースの今後の進め方」の3つとなっている。

 「ICTサイバーセキュリティ総合対策2023」に基づく取組状況では、「情報通信ネットワークの安全性・信頼性の確保」「サイバー攻撃への自律的な対処能力の向上」「国際連携の推進」「普及啓発の推進」の4つについて議論された。それぞれの取り組みにおける予算の概要は図を参照。

 情報通信ネットワークの安全性・信頼性の確保では、IoTセキュリティの強化として、国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)による「NOTICE」(サイバー攻撃に悪用される可能性のあるIoT機器を調査し、利用者のへの注意喚起などを行う取り組み)において、調査能力や連携、周知啓発の強化を図る。そのために、情報通信研究機構法の一部を改正などを行う。

 また、通信分野におけるSBOMの導入に向けた調査を実施する。具体的には、通信事業者が実際に運用している設備の一部を対象に、実証事業としてSBOMを導入し方策を整理する。このほか、「eシール」の制度化に向けた検討状況の中間取りまとめの案が示された。

 サイバー攻撃への自律的な対処能力の向上では、サイバーセキュリティ統合知的・人材育成基盤(CYNEX)を構築する。CYNEXはNICTに構築し、産学の結節点として開放する。これに関連し、政府情報端末を活用したサイバーセキュリティ情報の収集・分析に関する実証事業を行う。このほか、NICTのナショナルサイバートレーニングセンターの強化を挙げている。

 国際連携の推進では、日・ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター(AJCCBC)プロジェクトが紹介され、活動内容や実績が示された。今後は、センターの活動に関する有志国などとの連携を強化し、研修プログラムの提供・実施を予定している。普及啓発の推進では、地域セキュリティコミュニティ(地域SECUNITY)の強化支援事業が紹介された。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. GMOイエラエ阿部慎司が考える「世界一自由なSOC」と 彼の楽園完成のためとった行動

    GMOイエラエ阿部慎司が考える「世界一自由なSOC」と 彼の楽園完成のためとった行動

  2. メール専門家が語る DMARC対応のススメ:“注意喚起”だけに頼るなりすましメール対策からの脱却~「No Auth, No Mail」時代に向けて、一歩を踏み出そう

    メール専門家が語る DMARC対応のススメ:“注意喚起”だけに頼るなりすましメール対策からの脱却~「No Auth, No Mail」時代に向けて、一歩を踏み出そう

  3. 大阪府警 三人のサイバー犯罪捜査官

    大阪府警 三人のサイバー犯罪捜査官

  4. イエラエセキュリティ牧田誠が作った「エンジニアの楽園」、創業10 年でかなえた夢 10 年後にかなえた夢

  5. 警察庁サイバー特捜隊が LockBit の復号ツール開発、被害企業の回復作業を実施

  6. Proofpoint Blog 31回「GoogleとYahooの新Eメール認証要件への短い対応タイムライン」

  7. 「人材不足と丸投げ体質が課題」、GSX西日本支社がセキュリティエンジニア教育に本格的に取り組む理由

  8. ICカードがなければスマホで入ればいいじゃない ~ 日本のビジネスパーソンが入退室カードから解放される日[HID VP インタビュー]

  9. “世界一自由、世界一ユニーク” 壁のないSOC 「GMOイエラエSOC 用賀」

  10. 400年に一度のうるう年で、気象庁・郵便局などでトラブルが発生

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×