「インターネット掲示板差別書き込みについて考えるプロジェクト会議」が差別書き込みの調査・分析を開始 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

「インターネット掲示板差別書き込みについて考えるプロジェクト会議」が差別書き込みの調査・分析を開始

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕──
セキュリティメルマガ 春の [85%] オフキャンペーン

【個人のお客様向け特別セット】既存のお客様もキャンペーン対象!
SCANシリーズ4誌合わせても4,800円/年   <<5月31日まで>>
お申込は→ http://shop.vagabond.co.jp/85/
───────────────────────────────────


 奈良県の市町村人権・同和問題啓発連協の呼びかけで設立された「インターネット掲示板差別書き込みについて考えるプロジェクト会議」は5月16日、本格的な啓発活動を展開するため橿原市大久保町の県市町村会館内に「インターネットステーション」を開設した。これは同会議の会員ら約100人が、5台のPCを使用し5人1組で差別書き込みを監視し、問題のある書き込みを記録する。同会議では、奈良を情報発信基地に啓発運動の輪を全国に広げたいという。


奈良県公式サイト
http://www.pref.nara.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×