改善されない個人情報流出 誰が責任をとるのか? | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

改善されない個人情報流出 誰が責任をとるのか?

製品・サービス・業界動向 業界動向

 今月に入り、新たに多くの個人情報流出事件が発生している。
 いずれのケースも、これまでの事件同様、Webサイト上でのサービス、メールマガジンの購読、プレゼントの応募などで収集した個人情報が流出しており、CSVファイルなどが外部より閲覧出来る状態となっていた。

 今回発覚した企業のWebサイトには、お詫び文が掲載されているものも有るが、中には個人情報のファイルのパーミッション設定を修正しただけにとどまっている物もあり、企業の個人情報に対する姿勢に差が現れた形となった。
 ほとんどのケースが、単純なミスによる物から引き起こされる事件であり、十分なセキュリティチェックの体制を整えていれば、未然に防止することは可能である。

 また、流出してしまった情報は、企業の管理下から離れてしまうというを十分に認識するべきだ。この情報によって、事件が発生した場合、誰が責任を負うべきか考えたときには、すでにそれすらもかなわない状況にあるのである。


・金印わさび
http://www.kinjirushi.co.jp/

・カバヤ食品
http://www.mainichi.co.jp/digital/netfile/archive/200208/22-8.html

・シティケーブルネット
http://www.ccn.ne.jp/

・東日本ハウス
http://www.higashinihon.co.jp/

・教育ジャングル
http://www.enn-jungle.org/jungle/


くわしくは「Scan Daily Express」をご覧下さい。
http://shop.vagabond.co.jp/m-sdx01.shtml


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  6. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  7. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  8. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  9. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  10. 世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×