改善されない個人情報流出 誰が責任をとるのか? | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

改善されない個人情報流出 誰が責任をとるのか?

製品・サービス・業界動向 業界動向

 今月に入り、新たに多くの個人情報流出事件が発生している。
 いずれのケースも、これまでの事件同様、Webサイト上でのサービス、メールマガジンの購読、プレゼントの応募などで収集した個人情報が流出しており、CSVファイルなどが外部より閲覧出来る状態となっていた。

 今回発覚した企業のWebサイトには、お詫び文が掲載されているものも有るが、中には個人情報のファイルのパーミッション設定を修正しただけにとどまっている物もあり、企業の個人情報に対する姿勢に差が現れた形となった。
 ほとんどのケースが、単純なミスによる物から引き起こされる事件であり、十分なセキュリティチェックの体制を整えていれば、未然に防止することは可能である。

 また、流出してしまった情報は、企業の管理下から離れてしまうというを十分に認識するべきだ。この情報によって、事件が発生した場合、誰が責任を負うべきか考えたときには、すでにそれすらもかなわない状況にあるのである。


・金印わさび
http://www.kinjirushi.co.jp/

・カバヤ食品
http://www.mainichi.co.jp/digital/netfile/archive/200208/22-8.html

・シティケーブルネット
http://www.ccn.ne.jp/

・東日本ハウス
http://www.higashinihon.co.jp/

・教育ジャングル
http://www.enn-jungle.org/jungle/


くわしくは「Scan Daily Express」をご覧下さい。
http://shop.vagabond.co.jp/m-sdx01.shtml


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×