独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA)(20 ページ目) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.19(水)

独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA)(20 ページ目)

Rubyが日本のプログラミング言語として初のISO/IEC承認(IPA) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

Rubyが日本のプログラミング言語として初のISO/IEC承認(IPA)

 IPA(情報処理推進機構)は2日、プログラミング言語「Ruby」が、3月31日に締め切られた国際規格承認のための最終投票の結果、国際規格「ISO/IEC 30170」として承認されたことを発表した。今後、言語仕様の安定性や信頼性向上、関連事業の国際展開が進むと見られる。

ビッグデータのサービス利用を考える経営者層向けに利便性や脅威を解説(IPA) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ビッグデータのサービス利用を考える経営者層向けに利便性や脅威を解説(IPA)

IPAは、ビッグデータを利用して新たなサービスを提供しようとする企業の経営者層を対象とした報告書「くらしと経済の基盤としてのITを考える研究会」を公開した。

ファジングによる脆弱性検出の実証結果を公開、OSSツールでも検出(IPA) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ファジングによる脆弱性検出の実証結果を公開、OSSツールでも検出(IPA)

IPAは、ファジングによる脆弱性検出の有効性の実証結果を発表した。ブロードバンドルータ6機種に「ファジング」を実践したところ、3機種で合計6件の脆弱性を検出できたという。

「2012年 情報セキュリティ10大脅威」を公開、1位は標的型攻撃(IPA) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「2012年 情報セキュリティ10大脅威」を公開、1位は標的型攻撃(IPA)

IPAは、近年の情報セキュリティを取り巻く脅威を「2012年版 10大脅威 変化・増大する脅威!」にまとめ公開した。

「組織の内部不正防止への取り組み」レポートを公開、国内外の事例を紹介(IPA) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「組織の内部不正防止への取り組み」レポートを公開、国内外の事例を紹介(IPA)

IPAは、IPAテクニカルウォッチ第6回として「『組織の内部不正防止への取り組み』に関するレポート」を公開した。

「大学のクラウド利用におけるセキュリティの押さえどころ」「脆弱性体験学習ツールAppGoatハンズオンセミナー」他(セミナー情報) 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

「大学のクラウド利用におけるセキュリティの押さえどころ」「脆弱性体験学習ツールAppGoatハンズオンセミナー」他(セミナー情報)

開催予定の情報セキュリティ関連セミナー・勉強会情報

セキュリティ対策を実行する人、しない人--社会心理学の見地で調査(IPA) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

セキュリティ対策を実行する人、しない人--社会心理学の見地で調査(IPA)

IPAは、「リスク認知と実行に関する調査」報告書を公開した。情報セキュリティ対策を実行する「個人のふるまい」に着目し、対策を実施するための要因を探求するために実施したもの。

複数の制御機器の脆弱性情報公表を受け、制御システム運用者に注意喚起(IPA) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

複数の制御機器の脆弱性情報公表を受け、制御システム運用者に注意喚起(IPA)

IPAは、制御システム運用者に注意を呼びかけることを目的に、複数の制御機器の脆弱性情報の公表を受け注意喚起を発表した。

「組込みシステムセキュリティセミナー」「ウェブアプリケーション脆弱性対策セミナー(発注仕様編)」 他(セミナー情報) 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

「組込みシステムセキュリティセミナー」「ウェブアプリケーション脆弱性対策セミナー(発注仕様編)」 他(セミナー情報)

開催予定の情報セキュリティ関連セミナー・勉強会情報

「セキュリティ・キャンプ」の実施体制と事業計画を発表(IPA) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「セキュリティ・キャンプ」の実施体制と事業計画を発表(IPA)

IPAセキュリティ・キャンプ実施協議会は2月22日、「セキュリティ・キャンプ実施協議会」の設立総会を開催し、協議会役員の選出および事業計画の骨子をまとめた。

脆弱性関連情報、スマートフォンの脆弱性届出が急増--IPA四半期レポート(IPA/ISEC) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

脆弱性関連情報、スマートフォンの脆弱性届出が急増--IPA四半期レポート(IPA/ISEC)

IPA/ISECは、2011年第4四半期におけるソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況を発表した。

標的型攻撃が悪用する定番ソフト脆弱性、8製品で全体の16%--JVN登録状況(IPA) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

標的型攻撃が悪用する定番ソフト脆弱性、8製品で全体の16%--JVN登録状況(IPA)

IPAは、2011年第4四半期(10月から12月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況」を発表した。同期間にJVN iPedia日本語版へ登録した脆弱性対策情報は1,317件で第3四半期に比べ2.5倍となり、累計登録件数が12,690件と12,000件を突破した。

Webベースの情報配信サービス「icat」にTwitterでの配信を追加(IPA/ISEC) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Webベースの情報配信サービス「icat」にTwitterでの配信を追加(IPA/ISEC)

IPA/ISECは、IPAが公開した注意喚起情報をリアルタイムに配信する「サイバーセキュリティ注意喚起サービスicat」に、Twitterでの情報配信サービスを追加したと発表した。

年末年始の長期休暇における注意喚起を発表--ルールの徹底など提起(IPA) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

年末年始の長期休暇における注意喚起を発表--ルールの徹底など提起(IPA)

IPAは、「年末年始における注意喚起」を発表した。注意喚起はシステム管理者、企業でのPCユーザ、家庭でのPCユーザに分けられており、それぞれ年末年始の注意点をまとめている。

スマートフォンユーザの約2割はウイルスの存在を知らず--IPA意識調査(IPA) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

スマートフォンユーザの約2割はウイルスの存在を知らず--IPA意識調査(IPA)

IPAは、インターネット利用者を対象に実施した「2011年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」の報告書を公開した。

11月のウイルス・不正アクセス状況(IPA) 画像
脆弱性と脅威 冨岡晶@RBB TODAY

11月のウイルス・不正アクセス状況(IPA)

 情報処理推進機構(IPA)は4日、2011年11月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況、および「今月の呼びかけ」を取りまとめた文書を公開した。

APT攻撃対策の設計・運用ガイドを改訂、新たな出口対策など追加(IPA) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

APT攻撃対策の設計・運用ガイドを改訂、新たな出口対策など追加(IPA)

IPAは、「脅威と対策研究会」において「『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた設計・運用ガイド」の改訂第2版をまとめ、Webサイトで公開した。

セキュリティ注意喚起情報をブログパーツで配信(IPA) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

セキュリティ注意喚起情報をブログパーツで配信(IPA)

 IPA(情報処理推進機構)は25日、IPAが公開した注意喚起情報をリアルタイムに配信する「サイバーセキュリティ注意喚起サービスicat(IPA Cyber security Alert Service:アイキャット)」を公開した。

「ソースコードセキュリティ検査」レポートを公開、認識向上を狙う(IPA) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「ソースコードセキュリティ検査」レポートを公開、認識向上を狙う(IPA)

IPA)は、技術レポート(IPAテクニカルウォッチ 第5回)「ソースコードセキュリティ検査」に関するレポートを公開した。

制御文字を利用しファイル名を偽装する「RLTrap」(IPA) 画像
脆弱性と脅威 冨岡晶@RBBTODAY

制御文字を利用しファイル名を偽装する「RLTrap」(IPA)

 情報処理推進機構(IPA)は4日、2011年10月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況、および「今月の呼びかけ」を取りまとめた文書を公開した。

複数のD-Link製品にバッファオーバーフローの脆弱性(IPA) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

複数のD-Link製品にバッファオーバーフローの脆弱性(IPA)

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は10月28日、複数のD-Link製品における脆弱性に関する注意喚起を発表した。D-Link社が提供する「DES-3800シリーズ」「DWL-2100AP」「DWL-3200AP」は、無線LANアクセスポイントなどのネットワーク機器。これらの製品にはSSHの実装に

  1. 先頭
  2. 10
  3. 13
  4. 14
  5. 15
  6. 16
  7. 17
  8. 18
  9. 19
  10. 20
  11. 21
  12. 22
  13. 23
Page 20 of 23
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×