メールが溜まる長期休暇明けの「Emotet」感染に注意(IPA) | ScanNetSecurity
2022.05.19(木)

メールが溜まる長期休暇明けの「Emotet」感染に注意(IPA)

IPAセキュリティセンターは、「年末年始における情報セキュリティに関する注意喚起」として、年末年始の長期休暇期間における情報セキュリティ対策について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターは12月19日、「年末年始における情報セキュリティに関する注意喚起」として、年末年始の長期休暇期間における情報セキュリティ対策について発表した。

長期休暇の時期は、「システム管理者が長期間不在になる」「友人や家族と旅行に出かける」など、いつもとは違う状況になりやすく、ウイルス感染や不正アクセス等の被害が発生した場合に対処が遅れてしまったり、SNSへの書き込み内容から思わぬ被害が発生したり、場合によっては関係者に対して被害が及ぶ可能性がある。

また、マルウェア「Emotet」(エモテット)への感染を狙う攻撃メールが、国内の組織へ広く着信していることから、相談事例を紹介するとともに注意喚起も合わせて行っている。長期休暇明けはメールが溜まっていることが想定されるため、誤って不審なメールの添付ファイルを開いたり、本文中のURLにアクセスしたりしないよう注意を呼びかけている。

また、休暇前と休暇明けの対応について、システム管理者向けと社員・職員向
けにポイントを紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×