脆弱性ではXSS、製品はMSが上位を占める--JVN登録状況(IPA) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

脆弱性ではXSS、製品はMSが上位を占める--JVN登録状況(IPA)

IPAは、2019年第3四半期(7月から9月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は10月23日、2019年第3四半期(7月から9月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況」を発表した。発表によると、同期間にJVN iPedia日本語版へ登録された脆弱性対策情報は4,999件で、累計登録件数が107,650件となった。内訳は、国内製品開発者から収集したもの1件(公開開始からの累計は219件)、JVNから収集したもの74件(累計8,746件)、NVDから収集したもの4,924件(累計98,685件)となっている。

件数が多かった脆弱性は、「CWE-79(クロスサイトスクリプティング:XSS)」847件、「CWE-20(不適切な入力確認)」503件、「CWE-119(バッファエラー)」409件、「CWE-200(情報漏えい)」354件、「CWE-284(不適切なアクセス制御)」299件などとなっている。

製品別登録状況では、「cPanel(cPanel)」315件、「Microsoft Windows Server(マイクロソフト)」146件、「Microsoft Windows 10(マイクロソフト)」145件、「Microsoft Windows Server 2019(マイクロソフト)」128件、「「Microsoft Windows Server 2016(マイクロソフト)」110件、」とマイクロソフト製品が10位中8製品を占めた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×