2015年9月の新製品・新サービスのニュース記事一覧 | 製品・サービス・業界動向 | ScanNetSecurity
2019.10.18(金)

2015年9月の製品・サービス・業界動向 新製品・新サービスニュース記事一覧

2016年版の個人向けセキュリティサービスを発表、生体認証に対応(マカフィー) 画像
新製品・新サービス

2016年版の個人向けセキュリティサービスを発表、生体認証に対応(マカフィー)

マカフィーは、2016年版の個人向けセキュリティサービスを発表した。10月16日より全国の店頭やオンラインストアで販売を開始する。

ID&アクセスガバナンス管理ソリューションを名称変更、新機能も追加(EMCジャパン) 画像
新製品・新サービス

ID&アクセスガバナンス管理ソリューションを名称変更、新機能も追加(EMCジャパン)

EMCジャパンは、ID&アクセスガバナンス管理ソリューションの「RSA Identity Management & Governance」に標的型サイバー攻撃や重要情報の流出機会を低減する新機能を追加するとともに、名称を「RSA Via Lifecycle & Governance」に変更した。

クラウド型Webフィルタリングサービスをバージョンアップ(ALSI) 画像
新製品・新サービス

クラウド型Webフィルタリングサービスをバージョンアップ(ALSI)

ALSIは、クラウド型Webフィルタリングサービスの新バージョン「InterSafe CATS Ver.4.3」を販売開始したと発表した。

総合サーバセキュリティ対策製品の新版、vSphere 6.0やSAPにも対応(トレンドマイクロ) 画像
新製品・新サービス

総合サーバセキュリティ対策製品の新版、vSphere 6.0やSAPにも対応(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、総合サーバセキュリティ対策製品の新バージョン「Trend Micro Deep Security(Deep Security)9.6」を10月1日より提供開始すると発表した。

ラック用の自己制御型電子ロッキングシステムを発表、電子署名の監査証跡も可能に(サウスコ・ジャパン) 画像
新製品・新サービス

ラック用の自己制御型電子ロッキングシステムを発表、電子署名の監査証跡も可能に(サウスコ・ジャパン)

サウスコ・ジャパンは25日、コンピュータやサーバの筐体を格納するラック用の「自己制御型電子ロッキングシステム」を発表した。

顔認証と2次元カラーコードによる2要素認証を実現した入退室管理ソリューション(日精) 画像
新製品・新サービス

顔認証と2次元カラーコードによる2要素認証を実現した入退室管理ソリューション(日精)

日精(NISSEI)は東京ビッグサイトで開催されていた「自動認識総合展」にて、顔認証とカラーコードによる自動認識を採用した入退室管理ソリューションに関連した製品の数々を展示した。

ドローン検知システムのレンタル受け付けを開始(理経) 画像
新製品・新サービス

ドローン検知システムのレンタル受け付けを開始(理経)

理経は18日、ドローン検知システム 「DroneShield(ドローンシールド)」のレンタル受け付けを開始したことを発表した。

震動や衝撃などを検知してスマホへ動作を通知するセキュリティシステムをクラウドファンディングで限定発売(Secual) 画像
新製品・新サービス

震動や衝撃などを検知してスマホへ動作を通知するセキュリティシステムをクラウドファンディングで限定発売(Secual)

 Secualは18日、カジュアル・ホームセキュリティ「Secual」の特別ギフトプランを、クラウドファンディングのMakuakeで限定販売することを発表した。

スマートフォンやFelicaキーでの警備開始・解除操作が可能な個人向けホームセキュリティの新サービスを開始(ALSOK) 画像
新製品・新サービス

スマートフォンやFelicaキーでの警備開始・解除操作が可能な個人向けホームセキュリティの新サービスを開始(ALSOK)

 ALSOKは18日、個人向けホームセキュリティの新サービスとなる「ホームーセキュリティBasic(ベーシック)」を10月1日より販売開始することを発表した。

出入り口対策に加え内部侵入されることを前提とした対策も実施し標的型攻撃を防止(アシスト) 画像
新製品・新サービス

出入り口対策に加え内部侵入されることを前提とした対策も実施し標的型攻撃を防止(アシスト)

 アシストは17日、マルウェアの侵入や内部不正などによる情報漏えいを防ぐための監視強化や侵入拡大防止など、内部対策を重視した施策として「標的型攻撃対策ソリューション」を提供開始したことを発表した。

振り込め詐欺検知システムの実証実験を都内で実施(ニフティ) 画像
新製品・新サービス

振り込め詐欺検知システムの実証実験を都内で実施(ニフティ)

ニフティは、都内の一般家庭において「スマートサーブ」を活用した振り込め詐欺検知システムの実証実験を、2015年10月から2016年3月までの6カ月間にわたり実施する

SSL サーバ証明書にウイルス感染や改ざん監視サービスを付加(セコムトラストシステムズ) 画像
新製品・新サービス

SSL サーバ証明書にウイルス感染や改ざん監視サービスを付加(セコムトラストシステムズ)

本サービスは、金融機関やクレジットカード業界のセキュリティ基準である「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準」や「PCIDSS」のガイドライン要件を満たしている。

暗号化機能やデータ改ざん検出機能を備えた街頭防犯カメラ用レコーダーを発売(パナソニックシステムネットワークス) 画像
新製品・新サービス

暗号化機能やデータ改ざん検出機能を備えた街頭防犯カメラ用レコーダーを発売(パナソニックシステムネットワークス)

 パナソニックシステムネットワークスは15日、ネットワークSDカードレコーダー「WJ-SD202K」を10月より発売することを発表した。街頭防犯カメラの記録用途に適したSDカードを使った業務用レコーダーで、PoE給電機能などを備え、価格が安価な点を特徴としている。

防災監視で重要視される計測・検知・録画・警報の4つの要素を集約、洪水や堤防の決壊を事前に予測可能(エコモット) 画像
新製品・新サービス

防災監視で重要視される計測・検知・録画・警報の4つの要素を集約、洪水や堤防の決壊を事前に予測可能(エコモット)

 エコモットは、防災監視で重要視される計測・検知・録画・警報の4つの要素を1台の端末に集約して運用できる「クラウドロガーLTE」を16日から発売開始する。

真贋判定用UHFラベルを用いて偽造品対策(凸版印刷) 画像
新製品・新サービス

真贋判定用UHFラベルを用いて偽造品対策(凸版印刷)

 凸版印刷は東京ビッグサイトで18日まで開催されている「自動認識総合展」にて、偽造品対策や製品のトレーサビリティを実現する真贋判定用UHFラベルに関する展示を行った。

横からの覗き見を防止する17.0型マイナンバー対応タッチパネルモニターを発売(EIZO) 画像
新製品・新サービス

横からの覗き見を防止する17.0型マイナンバー対応タッチパネルモニターを発売(EIZO)

 EIZOは16日、横からの覗き見を防止することができる17.0型マイナンバー対応タッチパネルモニター「DuraVision FDS1721T-PF」を10月20日から発売することを発表した。

従来のICカード認証、指静脈認証に加えて指紋認証にも対応、マイナンバー制度を控えセキュリティ強化(シーイーシー) 画像
新製品・新サービス

従来のICカード認証、指静脈認証に加えて指紋認証にも対応、マイナンバー制度を控えセキュリティ強化(シーイーシー)

 シーイーシーはPCセキュリティソフト「SmartSESAME PCログオン」のアカウントログイン時の二要素認証を強化した新サービスを16日から提供開始した。

リモートアクセスサービスにスマートフォン専用ラインアップ(NTTアイティ) 画像
新製品・新サービス

リモートアクセスサービスにスマートフォン専用ラインアップ(NTTアイティ)

NTTアイティは、スマートフォン専用のリモートアクセスサービス「ビズドア」を、2016年1月12日より提供開始すると発表した。

未承認端末の検出・即時遮断製品と「Firebox」を連携(ウォッチガード、SecuLynx) 画像
新製品・新サービス

未承認端末の検出・即時遮断製品と「Firebox」を連携(ウォッチガード、SecuLynx)

ウォッチガードとSecuLynxは、両社の製品を連携させた情報セキュリティの包括的な新ソリューションを共同で開発したと発表した。

速度測定レーダやセキュリティ用途に適した「79GHz帯レーダ/センサ用ドップラーモジュール」を開発(ヨコオ) 画像
新製品・新サービス

速度測定レーダやセキュリティ用途に適した「79GHz帯レーダ/センサ用ドップラーモジュール」を開発(ヨコオ)

 ヨコオは14日、移動体検知センサに適した「79GHz帯レーダ/センサ用ドップラーモジュール」を開発したことを発表した。速度測定レーダやセキュリティ用途に適したRFモジュールで、79GHz帯を使用し、低コスト化を実現できるという特徴を持つ。

出品者・購入者の住所情報を開示することなく荷物のやり取りが可能な「匿名配送」の試験運用を開始(メルカリ、ヤマト運輸) 画像
新製品・新サービス

出品者・購入者の住所情報を開示することなく荷物のやり取りが可能な「匿名配送」の試験運用を開始(メルカリ、ヤマト運輸)

 メルカリとヤマト運輸は15日、出品者・購入者の双方が住所情報を開示することなく荷物のやり取りができる「匿名配送」の試験運用を開始した。フリマアプリ「メルカリ」の「らくらくメルカリ便」利用時に、選択可能となっている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
Page 1 of 3
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×