振り込め詐欺検知システムの実証実験を都内で実施(ニフティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.23(日)

振り込め詐欺検知システムの実証実験を都内で実施(ニフティ)

ニフティは、都内の一般家庭において「スマートサーブ」を活用した振り込め詐欺検知システムの実証実験を、2015年10月から2016年3月までの6カ月間にわたり実施する

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ニフティ株式会社は9月17日、都内の一般家庭において「スマートサーブ」を活用した振り込め詐欺検知システムの実証実験を、2015年10月から2016年3月までの6カ月間にわたり実施すると発表した。スマートサーブは、クラウド上で通話内容を解析し、振り込め詐欺で使われやすい文章パターンを検知すると、電話を受けた本人とあらかじめ登録した家族に警告を通知するシステム。同社では実証実験で得られた結果をもとに、検知の精度や通知タイミングなどの改善・改良を行ったうえで、正式サービスとして提供する予定だという。

実証実験は、都内在住の65歳以上の@nifty会員のうち、モニター協力賛同者を対象に実施される。なお、詐欺キーワードは警視庁の犯罪抑止対策本部が提供し、モバイルルーター「Aterm MR04LN」をNECプラットフォームズ株式会社が、パーソナルファクス 「おたっくす」 KX-PD604DL-Wをパナソニック システムネットワークス株式会社が、無線LAN搭載SDHCメモリカード「FlashAir」を株式会社東芝セミコンダクター&ストレージ社が、それぞれ提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×