ID&アクセスガバナンス管理ソリューションを名称変更、新機能も追加(EMCジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

ID&アクセスガバナンス管理ソリューションを名称変更、新機能も追加(EMCジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

EMCジャパン株式会社は9月28日、ID&アクセスガバナンス管理ソリューションの「RSA Identity Management & Governance」に標的型サイバー攻撃や重要情報の流出機会を低減する新機能を追加するとともに、名称を「RSA Via Lifecycle & Governance(RSA Via L&G)」に変更したと発表した。同製品は、アプリケーションやITシステムに対するユーザのアクセス権限をビジネスワークフローに基づいて定期的かつ自動的に収集し、アクセス権限管理のガバナンスとIDライフサイクル管理を支援するもの。

新たに、全アカウントの権限情報や権限変更を定期的に収集し、特定リソースへの侵入目的が疑われる不審な権限昇格や、変更されたアカウント数が前回の収集結果と比較して極端に多い場合などの不審な傾向を検知し、管理者に通知するという内部犯行の兆候を検知する機能や、RSAソリューションとの連携機能が追加されたほか、パフォーマンスの向上も行われている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×