ラック用の自己制御型電子ロッキングシステムを発表、電子署名の監査証跡も可能に(サウスコ・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

ラック用の自己制御型電子ロッキングシステムを発表、電子署名の監査証跡も可能に(サウスコ・ジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 サウスコ・ジャパンは25日、コンピュータやサーバの筐体を格納するラック用の「自己制御型電子ロッキングシステム」を発表した。

 「自己制御型電子ロッキングシステム」は、厳重なセキュリティ管理が求められるラック用途に向けたシステムで、既存のエンロージャやキャビネットの機械式ロックを、容易に電気式ロックへと切り替えることを可能としている。制御装置、電子ロック機構、電源の各機能が組み込まれた一体型の本体で、別コンポーネントへの配線や接続などを必要としない特徴を持つ。

 ラックレベルのセキュリティでは機械式ロックが一般的だが、同システムへ切り替えることで、ネットワークと接続して電子署名などの監査証跡や、機器へのアクセス状況を遠隔監視して、履歴を記録することなどが可能となる。

 また、ビルで使われている既存の入退室管理用のIDバッジを、同システムのキーとして利用できるなど、利便性の面でもリプレイスに最適といえる。

サーバラックなどのセキュリティを強化する電子制御ロックシステム

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×