ラック用の自己制御型電子ロッキングシステムを発表、電子署名の監査証跡も可能に(サウスコ・ジャパン) 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

ラック用の自己制御型電子ロッキングシステムを発表、電子署名の監査証跡も可能に(サウスコ・ジャパン) 1枚目の写真・画像

サウスコ・ジャパンは25日、コンピュータやサーバの筐体を格納するラック用の「自己制御型電子ロッキングシステム」を発表した。

製品・サービス・業界動向
解錠にはキーパッドやRFIDアクセスを選択可能。RFIDではビル内で利用されるRFIDカードと同じIDを使用して、キャビネットなどラックレベルのアクセス権を制御することを可能としている(画像はプレスリリースより)
解錠にはキーパッドやRFIDアクセスを選択可能。RFIDではビル内で利用されるRFIDカードと同じIDを使用して、キャビネットなどラックレベルのアクセス権を制御することを可能としている(画像はプレスリリースより)

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×