速度測定レーダやセキュリティ用途に適した「79GHz帯レーダ/センサ用ドップラーモジュール」を開発(ヨコオ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

速度測定レーダやセキュリティ用途に適した「79GHz帯レーダ/センサ用ドップラーモジュール」を開発(ヨコオ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ヨコオは14日、移動体検知センサに適した「79GHz帯レーダ/センサ用ドップラーモジュール」を開発したことを発表した。速度測定レーダやセキュリティ用途に適したRFモジュールで、79GHz帯を使用し、低コスト化を実現できるという特徴を持つ。

 24GHz帯レーダやUWBレーダと比較して精度の高い検知が行える79GHz帯レーダを採用しており、侵入者検知などセキュリティ対策センサをはじめとした、さまざまな用途に活用することが可能となっている。

 同社では今後、移動体の動きを識別できるデュアルチャンネルモジュールや、アンテナ付きモジュールなど、市場のニーズを反映した開発、製品化を行っていく。

侵入者検知に適した79GHz帯レーダ/センサ用ドップラーモジュールを開発……ヨコオ

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×