内製・開発型・アフィリエイト・レンタル~ビジネスモデル四類型分析から予測するランサムウェアの未来 8枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity
2020.01.27(月)

内製・開発型・アフィリエイト・レンタル~ビジネスモデル四類型分析から予測するランサムウェアの未来 8枚目の写真・画像

アクセンチュアの調査によれば2016年、日本のランサムウェアの被害総額は1050万ドルにも達する。いまだに猛威を振るう存在だ。そのランサムウェアについて、アンダーグラウンドマーケットやコミュニティを調査し、最新の動向を分析する専門家がいる。

研修・セミナー・カンファレンス
≪撮影:中尾真二≫ 4つのビジネスモデル:Rental。今後増えそうなSaaS型のランサムウェア。

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×