内製・開発型・アフィリエイト・レンタル~ビジネスモデル四類型分析から予測するランサムウェアの未来 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

内製・開発型・アフィリエイト・レンタル~ビジネスモデル四類型分析から予測するランサムウェアの未来

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

アクセンチュアの調査によれば2016年、日本のランサムウェアの被害総額は1,050万ドルにも達するいまだに猛威を振るう存在だ。

そのランサムウェアについて、アンダーグラウンドマーケットやコミュニティを調査し、最新の動向を分析する専門家がいる。

CODEBLUEのサイバー犯罪トラックでランサムウェアのビジネスモデルについて講演を行ったAnnabel Jamieson氏もそのひとりだ。ランサムウェアの現状、ビジネスモデル、最新のコミュニティの動向、進化と未来を語った。

《中尾 真二》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×