【画像】少年の非行について直接の原因・動機は「所有・消費目的」が67.0%で最多(警察庁) (4/5)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.21(火)

少年の非行について直接の原因・動機は「所有・消費目的」が67.0%で最多(警察庁) 4枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

刑法犯少年の検挙人員および人口比の推移
刑法犯少年の検挙人員および人口比の推移

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. いじめに関する緊急アンケート調査の結果を公表、インターネット上での被害は中学7.4%、高校16.0%(奈良県教育委員会)

    いじめに関する緊急アンケート調査の結果を公表、インターネット上での被害は中学7.4%、高校16.0%(奈良県教育委員会)

  2. 地域ごとに異なるサイバー攻撃の特徴--「サイバー世界大戦」レポート(ファイア・アイ)

    地域ごとに異なるサイバー攻撃の特徴--「サイバー世界大戦」レポート(ファイア・アイ)

  3. サイト改ざんが依然としてインシデントの1/4を占める--JPCERT/CCレポート(JPCERT/CC)

    サイト改ざんが依然としてインシデントの1/4を占める--JPCERT/CCレポート(JPCERT/CC)

  4. 2013年のコンピュータ不正アクセス、原因は古いバージョン使用・パッチ未導入が最多(IPA)

  5. Windows上でのフィッシング詐欺サイトが急増--月次レポート(BBソフトサービス)

  6. 実際にぶつかった経験は4.5%、「歩きスマホ」の実態および意識調査の結果を発表(TCA)

  7. 最も利用しているアプリは「LINE」に、「2012年スマートフォンユーザーのインサイト調査」の結果を公開(MMD研究所)

  8. 2012年度下半期の著作権侵害対策の取りまとめ結果を公表、無許諾キャラクターグッズに対する摘発も(ACCS)

  9. 4月の特殊詐欺状況を発表、3月から全体的に件数は減少するも被害額は増加(警察庁)

  10. 2011年上半期の情報漏えい件数は807件、1件の想定損害賠償額は7,329万円(JNSA)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×