【画像】情報家電の位置情報に含まれるプライバシー情報を暗号化しつつ、外部サービスの利活用も可能にする技術を開発(富士通研究所) (12/12)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.13(水)

情報家電の位置情報に含まれるプライバシー情報を暗号化しつつ、外部サービスの利活用も可能にする技術を開発(富士通研究所) 12枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

富士通研究所セキュアコンピューティング研究部の伊豆哲也主任研究員
富士通研究所セキュアコンピューティング研究部の伊豆哲也主任研究員

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  2. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

    2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  3. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  4. 「OODAループ」概念を盛り込んだトータルセキュリティソリューション(日立)

  5. 「三菱暗号ライブラリPowerMISTY for Windows Ver4.00」を発表(三菱電機)

  6. 横浜にサイバーインテリジェンスセンター開設(デロイト トーマツ リスクサービス)

  7. スパイウェア対策を強化した「TKCウィルス対策プログラム」16万本を無償で提供(TKC)

  8. 中小規模事業者向けUTMに攻撃分析情報「JSIG」を提供(ラック、NECプラットフォームズ)

  9. 12回目となる重要インフラにおける分野横断的演習、今回は12月13日に開催(NISC)

  10. ディープラーニングを採用したイスラエルのエンドポイント保護製品を発売(アズジェント)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×