【画像】情報家電の位置情報に含まれるプライバシー情報を暗号化しつつ、外部サービスの利活用も可能にする技術を開発(富士通研究所) (9/12)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

情報家電の位置情報に含まれるプライバシー情報を暗号化しつつ、外部サービスの利活用も可能にする技術を開発(富士通研究所) 9枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

新技術では、暗号化されたままで、データの加工が可能という
新技術では、暗号化されたままで、データの加工が可能という

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

    カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

  2. セキュリティ関連機器・システム/サービス市場、2019年には5,570億円に(富士経済)

    セキュリティ関連機器・システム/サービス市場、2019年には5,570億円に(富士経済)

  3. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

    預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

  4. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  5. 全世界を担保するネットワークセキュリティ保険を発売(AIU保険)

  6. 指紋認証ソフトとUSBユニットをパッケージした月額課金のレンタルPC(横河レンタ・リース、DDS)

  7. 8社でイニシアティブ発足、クラウド時代のセキュリティ対策普及促進を目指す(日本マイクロソフト、ラック)

  8. 産業サイバーセキュリティセンター発足、受講300万円の教育プログラムに30社参加表明(IPA)

  9. SMSを使ったログインを採用、毎日1万5千件のパスワード忘れに対応(Yahoo! JAPAN)

  10. 平成27年度版の防災教育副読本「地震と安全」を作成、都内の全学年の全児童・生徒に配布(東京都教育委員会)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×