ファイル共有ソフトによる児童ポルノ事件、初の一斉摘発(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

ファイル共有ソフトによる児童ポルノ事件、初の一斉摘発(警察庁)

製品・サービス・業界動向 業界動向

警察庁は9月28日、ファイル共有ソフトを利用した児童ポルノ事件の一斉摘発を全国21都道府県警により実施したと発表した。同庁では5月および7月に9都府県警察による一斉取締りを実施しているが、一斉摘発は今回が初めてとなる。今回の一斉摘発は9月27日および28日に実施され、わいせつ図画公然陳列容疑などで全国47カ所を家宅捜索し、合計17名を逮捕したという。「Winny」「Share」のほか、今回新たに「Shareaza」を利用した事件も摘発されている。同庁では今後、さらに取り締まりを強化していくとしている。

http://www.npa.go.jp/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×