ファイル共有ソフトによる児童ポルノ事件、初の一斉摘発(警察庁) | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

ファイル共有ソフトによる児童ポルノ事件、初の一斉摘発(警察庁)

警察庁は9月28日、ファイル共有ソフトを利用した児童ポルノ事件の一斉摘発を全国21都道府県警により実施したと発表した。同庁では5月および7月に9都府県警察による一斉取締りを実施しているが、一斉摘発は今回が初めてとなる。今回の一斉摘発は9月27日および28日に実施さ

製品・サービス・業界動向 業界動向
警察庁は9月28日、ファイル共有ソフトを利用した児童ポルノ事件の一斉摘発を全国21都道府県警により実施したと発表した。同庁では5月および7月に9都府県警察による一斉取締りを実施しているが、一斉摘発は今回が初めてとなる。今回の一斉摘発は9月27日および28日に実施され、わいせつ図画公然陳列容疑などで全国47カ所を家宅捜索し、合計17名を逮捕したという。「Winny」「Share」のほか、今回新たに「Shareaza」を利用した事件も摘発されている。同庁では今後、さらに取り締まりを強化していくとしている。

http://www.npa.go.jp/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×