Java Deployment Toolkitに任意のコードを実行される脆弱性(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

Java Deployment Toolkitに任意のコードを実行される脆弱性(IPA/ISEC)

独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は4月16日、Oracle社のJava Deployment ToolkitプラグインおよびActiveX コントロールに任意のコードを実行される脆弱性が存在することが確認されたとして、注意喚起を発表した。この脆弱性が存在するのは

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は4月16日、Oracle社のJava Deployment ToolkitプラグインおよびActiveX コントロールに任意のコードを実行される脆弱性が存在することが確認されたとして、注意喚起を発表した。この脆弱性が存在するのは、Java SE 6 update 10からJava SE 6 update 19のバージョン(Windows版、Solaris版、Linux版)。

攻撃者がこの脆弱性を悪用し、巧妙に細工したHTMLファイルを開くことで、一般ユーザのPCを攻撃者に制御される可能性がある。Oracleでは、この脆弱性を解消する最新版のJava SE 6 Update 20を提供しており、該当するユーザは早急にバージョンアップするよう呼びかけている。

http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20100416-java.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×