日本公認会計士協会、支部のサイトで住所録ファイルが閲覧可能な状態に(日本公認会計士協会) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

日本公認会計士協会、支部のサイトで住所録ファイルが閲覧可能な状態に(日本公認会計士協会)

日本公認会計士協会は2月1日、同協会の支部である四国会所属の会員および準会員の個人情報の漏えいが判明したと発表した。これは、四国会が開設しているWebサイトにおいて住所録のPDFファイルが掲載され、一般に閲覧可能な状態にあったというもの。この状態は2009年7月2

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本公認会計士協会は2月1日、同協会の支部である四国会所属の会員および準会員の個人情報の漏えいが判明したと発表した。これは、四国会が開設しているWebサイトにおいて住所録のPDFファイルが掲載され、一般に閲覧可能な状態にあったというもの。この状態は2009年7月21日から2010年1月8日まで継続していた。同住所録PDFファイルには、2009年6月30日時点で四国会に所属していた会員および準会員合計179名の氏名、生年月日、住所などが記載されていた。

http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/post_1274.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×