PDF の契約書を署名段階で改竄、「邪悪なる注釈」そして「密かなる署名」攻撃とは? ~ 26 種類の PDF ソフトのうち 24 にオマケの脆弱性も | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

PDF の契約書を署名段階で改竄、「邪悪なる注釈」そして「密かなる署名」攻撃とは? ~ 26 種類の PDF ソフトのうち 24 にオマケの脆弱性も

研究者らは 26 種類の一般的な PDF 用ツールをテストし、そのうち 24 種類が上述した手口の 1 つあるいは両方に対して脆弱であることを発見した。この問題の影響を一切受けないとお墨付きをもらえたビューワーは PDF Editor 6 ProとPDFelement Pro の 2 つのみだった。

国際
PDF の契約書を署名段階で改竄、「邪悪なる注釈」そして「密かなる署名」攻撃とは? ~ 26 種類の PDF ソフトのうち 24 にオマケの脆弱性も
 ドイツの研究者らが、認証された PDF の内容を密かに改ざんするための 2 つの手口について詳しく述べている。

 結論としては以下のようになる。例えば、契約書の PDF に誰かがデジタルで自らの署名を追加し、そのファイルを相手へと渡してデジタルでサインしてもらうとする。その相手は契約書に署名するだけでなく、その内容を密かに変えることができるのだという。そうなれば大混乱を生み出すことになるだろう。通常、アプリケーションのソフトウェアは 2 つ目の署名を追加することは許可しても、文書を改変したりすればそれを検知して警告するはずである。その相手が上述した改竄手法を使わなければだが。
《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  2. CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

    CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

  3. 米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

    米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

  4. CrowdStrike Blog:CrowdScoreで組織のアラート疲れが劇的に減少

  5. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

  6. 海外における個人情報流出事件とその対応 第179回 史上最悪の漏えい事件で国際犯罪団起訴 (1)データ不正利用で計9,400万件もの被害

  7. クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

  8. オープンソース開発者をパニックに陥れた EUサイバーレジリエンス法 最終決定

  9. FBI「ハーバード大の 20 歳が、期末試験を避けるため Tor を介して大学へ爆弾脅迫メールを送信した」~匿名ネットワークツールの利用は大学のネットワークのログで暴かれたとの主張(The Register)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×