Adobe ReaderおよびAcrobatの脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

Adobe ReaderおよびAcrobatの脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は11月9日、Adobe ReaderおよびAcrobatの脆弱性に関する検証レポートを発表した。これらの製品にはバッファオーバーフローの脆弱性が確認されており、さまざまな経路により細工されたPDFファイルを閲覧した場合にローカルユーザと同じ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社は11月9日、Adobe ReaderおよびAcrobatの脆弱性に関する検証レポートを発表した。これらの製品にはバッファオーバーフローの脆弱性が確認されており、さまざまな経路により細工されたPDFファイルを閲覧した場合にローカルユーザと同じ権限を奪取される可能性がある。同社ではAdobe ReaderおよびAcrobatの脆弱性(CVE-2009-2994)について、再現性の検証を行った。

 検証は、Adobe Reader 9.0がインストールされたWindows XPをターゲットシステムとして、細工したPDFファイルを含むWebコンテンツを閲覧させることで実施された。この結果、誘導先のコンピュータ(Ubuntu)のコマンドプロンプト上にターゲットシステムのプロンプトが表示され、コマンドの実行が確認された。ターゲットシステムの制御の奪取に成功したことになる。充分な検証後、最終バージョンへのアップグレードを推奨している。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20091109_1.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×